« 大塚愛が大塚FCを | トップページ | 2004/04/21発売 Fishmans/Polaris »

2004.04.16

ジュピター、洋画劇場、冨田勲、DVD-AUDIO

まあ、同じような話題を扱った日記、ブログも多数あるわけだが。
「惑星」の「ジュピター」なんですが。

子供の頃、あのメロディーを耳にしていたのは「なんとか洋画劇場」というB級映画の名作を数多く放送し、おれに貴重かつ偏った映画体験をもたらしてくれた番組のエンディングとしてだった。

(木曜洋画劇場だったか、土曜洋画劇場だったか。気分的に夜更かしのできる週末だったような気もしますが。
スピルバーグの「激突」とかもその番組で初めて目にし、強烈な印象を残したわけで。「人食いアメーバの恐怖No.2」は土曜日の方で見た記憶が。)

後にそれがホルストの「惑星」であることを知るわけですが、組曲として全編聞いたのは富田勲のシンセサイザー版。
アナログ版を保有しているのですが、昨年、DVDオーディオ4.1マルチチャンネルミックス版が発売になり、それがおれの「ユニバーサルプレイヤー欲しい熱」を発症させたわけです。

  • ISAO TOMITA OFFICIAL SITE
    富田勲公式サイト。「惑星」の試聴もできます。あのメロディーのところが。

|

« 大塚愛が大塚FCを | トップページ | 2004/04/21発売 Fishmans/Polaris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/448170

この記事へのトラックバック一覧です: ジュピター、洋画劇場、冨田勲、DVD-AUDIO:

« 大塚愛が大塚FCを | トップページ | 2004/04/21発売 Fishmans/Polaris »