« 2004/09/01 Best Of Sketch Show Remix/V.A. | トップページ | 2004/08/11 スペードのエース[CCCD]/CARNATION »

2004.07.25

ジェゴグの響き再び@徳島文化の森公園

2004/07/24、徳島県文化の森公園の野外劇場にて、インドネシアはバリ島の伝統音楽、ジェゴグのチーム"スアール・アグン(SUAR AGUNG)"によるコンサートが夕方から催されました。

ジェゴグ(JEGOG)はガムランの一種で、竹製の楽器によるアンサンブルの名称になっています。銅製楽器やケチャで構成されるガムランは聴いたことあるけど、ジェゴグだけのアンサンブルは、例によって「ウルルン」で原田龍二がジェゴグバトルに挑戦する回で知ったわけで。
-インドネシア熱闘3時間!バリ島・音楽の格闘技に原田龍二が出会った。( ウルルン滞在記 - 2004/03/23 )

17:00にはPandaで会場着、隣の隣が 旧Puntoでニヤリ。野外劇場でのライブなのでリハーサルの音も丸聞こえ。普段着で演奏する皆さん。会場上方の階段でアイス食って暑さをしのぐ。

18:00入場。無料ということもあって、続々と観客で埋まる。河原でキャンプしてた大量の子供達、浴衣姿のおねいさんもちらほら。ステージ上には最前列に一番小さなジェゴグが配され、後方に行くにつれサイズが大きくなるように並び、五列目には重低音を受け持つ一番大きなジェゴグが置かれています。それぞれ三台x二チーム分、合計30台くらいのジェゴグがあったのかな。楽器自体は竹を加工したシンプルなものだけど、神々を模した木彫りの彫刻で豪華に飾り立てています。なので、ステージ全体を見渡すとものすごくカラフル。

18:30開演。すり鉢状の円形劇場の上方、客席を通ってチームの皆さんが演奏しながら入場。劇場中央で小型シンバル、太鼓と女性二人による舞も交えたガムラン演奏でオープニング。そして、ステージに上がり本編の始まり。とりあえず演奏の様子がよく見える真横から眺める。曲により太鼓やダンスも交えながらの構成。
いくつかのシンプルなフレーズを同時に演奏して組み合わせることで、途切れないビートを生み出します。それを重低音を生み出す巨大ジェゴグが支えます。リズムもたびたび切り替わり、ブレイクもありだけど、乱れることもなく、メンバーは楽しそうに演奏してます。

曲によって、担当のおっさんが肩からかけるポータブル・ミニ・シンバル・セットもかわいい。ダンサーお二人の指先の開き具合、視線の先、肩の動かし方、複雑な舞を舞う。第一部のラストは若手チーム(青い衣装)とベテラン(?)チーム(赤い衣装)に別れたジェゴグ・バトル。緩急を付けた演奏、熱狂したり静かになったり飛び跳ねたり奇声を上げたり。勝ったのはどっちだ?

一部終了、席をステージ正面に移す。日も暮れて、第二部の前にまずリーダーの方の挨拶。バリ島ギャグも交えながら感謝の意とバリ島、ガムランの日本語による紹介。ジェゴグはガムラン(音楽)の種別の一つ。標高七百メートルくらいに育成する竹を使う。メンバーもみんな農業従事者。お米は三毛作。バリ島には音楽と舞と農業しかない。でも楽しい生活、等々。

第二部開始。髭を生やし、化粧をした男性三人による舞を交えた曲から始まりる。チーム全員による演奏。前半では使われなかった、一番小さなジェゴグによるアンサンブル。そして再びバトル。最後には観客も躍り込み、アンコールに一曲、乱舞で終演。

040724_Jegog2.jpg040724_Jegog3.jpg040724_Jegog5.jpg

-バリ島の楽器、ジェゴグの音色響く 県立21世紀館でコンサート( 徳島新聞 - 2004/07/25 )
- 世界音楽紀行-インドネシアの音楽- 巨大竹製打楽器ジェゴグの響き再び( 文化の森 )
-JASA TOUR
-スアール・アグン・ジェゴグ@サントリーホール(Enjoy TOKYO)
 2004/08/06 東京でもサントリーホールにて32名の特別編成で。でも、無料でみれるなんて。えらいぞ、文化の森。
-スアール・アグン ジェゴグ( Conversation)
-インドネシア/バリ民族音楽ジェゴグ(カルタコム )

--
バリ島のガムランを知ったのはスネークマンショーの2ndアルバム"死ぬのはいやだ、怖い。戦争反対!"だったというひとは多いはず。細野さん自らバリ島でレコーディングしたガムラン("Gambang")がアルバムのラストに納められていて、中学生のおれは、初めてあのゴージャスかつ複雑なアンサンブルの響きを耳にしたわけです。
(ケチャを知ったのもYMO"テクノデリック"収録の"新舞踊 NEUE TANZ"だったしな。やっぱYMO経由で聴いた音楽って影響大。)
このアルバムには他にはホルガーシューカイのヒット曲(!)"ペルシアンラブ"、教授がギャグのバックで弾いていたサティの"ジムノペディ"、インドネシア歌謡曲、もちろんMELONの曲も収録されていて、初めて耳にする珍しい音楽が盛りだくさんで、音楽的にもものすごく充実してます。(でもでかい音では聞けない内容で、ヘッドフォンでこっそり聴くしかなかったのだ。。。)

-死ぬのはいやだ、怖い。戦争反対!( SONY Music)
-死ぬのはいやだ、怖い。戦争反対!/スネークマンショー( amazon.co.jp )
-《バリ》バリのガムラン2(ワーナーミュージック)ジャパン( amazon.co.jp )
 "スネークマンショウ"で聞けた"ガンバン"も収録。もちろん別の演奏、テンポ早めです。
--
-ガムランを楽しもう―音の宝島バリの音楽 音楽指導ハンドブック (20) 皆川 厚一 (音楽之友社)(amazon.co.jp)
-Bali Gamelan Club Recommended
 ガムランに関する書籍、CD の紹介。UAの作品も。細野さん監修のDVD-Audio作品もあるのか。

|

« 2004/09/01 Best Of Sketch Show Remix/V.A. | トップページ | 2004/08/11 スペードのエース[CCCD]/CARNATION »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/1043520

この記事へのトラックバック一覧です: ジェゴグの響き再び@徳島文化の森公園:

« 2004/09/01 Best Of Sketch Show Remix/V.A. | トップページ | 2004/08/11 スペードのエース[CCCD]/CARNATION »