« 1212 カーネーション、九段会館直前 | トップページ | 魚藍坂横断[魚籃坂] »

2004.12.14

1212 カーネーション 九段会館

[2004/12/12]
17:00前、九段会館近所のグランドパレスにチェックイン、ボーイさんによると他にもこのライブのために宿泊した方もいるよう。「あー、確か花の名前の付くバンドでしたね、、、ガーベラ!」とボケてたけど、ほんとに知らなかったのかどうか。

ちょいと歩いて会場へ。ちょっと荘厳な雰囲気でライトに浮かび上がる九段会館の外観。続々と入り口前に集まる人たち。リハで押し。待ちの間にコメントをビデオ収録されちゃう。気の利いたこともいえず。。。

入場後、グッズのタオルをおみやげ用に大量に確保。プレミアムグッズはタオルと未発表音源CD-Rでした。そして、全員に謎の引換券。S席は後ろから二列目「な-6」。通路を隔ててTapers席。マイクを立ててる人たちも三人ほど。

一階はほぼ満席かな。ブザーが鳴り、そしていつものようにシナトラの"Strangers in the night"の流れる中、"Oh!Baby"で開演。
  • 1.Oh,Baby
  • 2.おそろいのお気に入り
    アナログ盤収録、でも聞けないのでバナナホール以来聴くのは二回目。
  • 3.GardenCityLife
  • 4.BLACK COFFEE CRAZY
  • 5.ダイナマイトボイン(スカパラ北原氏)
    東京スカパラダイスオーケストラからトロンボーン、北原雅彦氏登場。この曲はスカっぽいからね。
  • 6.センチメンタル(スカパラ北原氏)
    イントロのメロを北原氏のトロンボーンで吹いてました。曲調にはまった感じ。
  • 7.GONG SHOW(白井良明氏)
    間奏で白井良明氏がギターを弾きながらステージ裾から登場。おお。
  • 8.トンピクレンッ子(良明氏)
    ムーンライダーズ 「青空百景」より、良明氏ヴォーカルでゆるず氏と直枝氏がコーラスで。ファン層はかぶるのか、前のお客さんも踊ってましたよ。懐かしいな。
  • 9.ぼうふら漂流族(良明氏)
    最近の定番ですが、ここでは良明氏と直枝氏とのギターバトルが繰り広げられました。
  • 10ボクハナク(良明博文氏).
    鈴木博文氏登場、ムーンライダーズの「Don't Trust Over 30」より。博文氏と直枝氏が交互にボーカルをとるオリジナルのスタイルで。この曲、好きなんです。
  • 11.Don't Trust Over 30(良明博文慶一氏)
    「Don't Trust Over 30」より。慶一氏なにかかぶり物を付けて登場。慶一、直枝、博文氏の順でボーカルを。鈴木兄弟もお元気そうで何よりです。
  • (休憩)
  • 12.宮川弾トリオ#1
    バイオリン、チェロ、ピアノのトリオ、カーネーション抜きでインストを。カーネーションとは"Lovers & Sisters"からのつきあいで、とんでもないストリングスアレンジをするので大好きなんですと直枝氏はおっしゃっていました。
  • 13.宮川弾トリオ#2
    宮川氏曰く、長いライブなので自分たちは「箸休め」的な演奏だそうで。
  • 14.宮川弾トリオ#3-組曲カーネーション
    盗作だと思われては「なっち的にも困る(笑)(宮川氏談)」ということで、曲について事前説明つき。カーネーションの過去の曲の断片をつなぎ合わせた曲なのでした。「Real Man」「Garden City Life」「The End Of Summer」などなど。
  • 15.あの日どこかで
    メンバー登場、ここからしばらくは座って聞くカーネーションです。
  • 16.El Soldado (フリーダム!フリーダム!フリーダム!)(大野由美子)
    Buffalo Daughterより大野由美子氏を迎えて。彼女と出会った頃や共にツアーをまわっていた頃の話など。ムーグを弾いて、曲中のSEっぽい音も鳴らしてました。近年のカーネーションの中でもかなり好きな曲、詩集にも収められてました。
  • 17.レインメーカー(大野由美子、中森泰弘)
    ヒックスヴィルより中森泰弘氏を迎えて。
    18.Miss Cradle(大野由美子、中森泰弘)
    中森氏のスライドギターが泣ける。サポートに徹してる感じで、ゲストでは(演奏面においては)一番よかったかも。
    19.Super Zoo!(大野由美子、中森泰弘)
    観客皆立ち上がり終盤へ。
    20.Runnin'Wild(中森泰弘)
  • 21.スペードのエース(中森泰弘)
    「嗚呼もの悲しき夕暮れ」って歌えるバンドって、なかなかないと思うのです。
  • 22.十字路
    この曲も定番に成りつつありますね。
  • 23.TheEndOfSummer
  • 24.Angel
    本編ラストはやはりこの曲で。やっぱ泣ける。
  • encore
  • 25.Lovers&Sisters(宮川弾トリオ)
    再び、宮川弾トリオを迎えて直枝氏と四人での演奏。彼らと初めて一緒にやった曲だそうです。これ、そうえなくても歌うの難しそうな曲なんだけど、弦をバックに歌っちゃうのね。
  • 26.Edo River(大野由美子)
    大野由美子氏と久々の"Edo River"。ムーグであのフレーズを。
  • 27.夜の煙突
    ゲスト全員(宮川弾トリオ以外)+飛び入りだという青山陽一 +鈴木祥子を迎えてのフィナーレ、会場全体で合唱状態。

終演後、引換券と交換に私家版直枝政弘詩集"Cold Rain&Snow"をいただき、前方の混雑を危うく抜き去りそうになりながら、会館出口で待っていた直枝氏と握手していただいて会場を後にしました。

私家版詩集"COLD RAIN & SNOW"、タイトルはグレイトフルデッドの曲("Steal Your Face”収録)からとのこと。直枝氏が選んだ18編が納められています。必ずしもライブの定番曲とは重ならず、未発表作や提供作品も。発行所は「Bumblebee Records文芸部」となっております。

プレミアムグッズのCD-R は事前のネタバレもありましたが、七曲収録で以下の通り。
>01.Edo River (1994 Pre-Production Ver)
>02.世界の果てまでつれてってよ (Live at 心斎橋クラブクアトロ 1995/10/20)
>03.カイト氏の朝食 (Live at 原宿クロコダイル 1986/04/13)
>04.Respectable Street (Live at 渋谷クラブクアトロ 1991/11/20)
>05.Strange Days (1998 Home Demo)
>06.カーネーション (2004 Rehearsal Take)
>07.センチメンタル (Live at 大阪城野外音楽堂 2000/09/10)
"Respectable Street"はXTCのカバー。バンド名の由来となっている「耳鼻咽喉科」時代の楽曲「カーネーション」の収録がうれしいですね。

041212_1653001.jpg 041212_1656001.jpg 041212_1711001.jpg
041212_2059001.jpg 041213_0958001.jpg

|

« 1212 カーネーション、九段会館直前 | トップページ | 魚藍坂横断[魚籃坂] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/2261795

この記事へのトラックバック一覧です: 1212 カーネーション 九段会館:

» [LIVE]12/12「カーネーション 20周年 in 九段会館」T席の誘惑 [ヒシガタダイヤリヰ]
*カメラはダメです わかっていたことなので、先にこちらからケースをつきだして「使いません」と言ったんすが「持ち込まないで下さい」と止められました。ケースに封印を... [続きを読む]

受信: 2004.12.17 06:19

« 1212 カーネーション、九段会館直前 | トップページ | 魚藍坂横断[魚籃坂] »