« FIAT New Panda 4x4 / Panda-Maxi | トップページ | Gillette M3 Power アイ・アム・橇(ソーリ) »

2005.02.19

Fieldwork/Hakan Lidbo (Ryuichi Sakamoto +Thomas Dolby)

Strings of life じゃないけれど、これはまさにちょうど20年前のテクノなクラシック、坂本龍一+トーマス・ドルビーの"Field work"(1985)がHakan Libdo(a.k.a DATA 80)によりリメイクされてフロッグマンからリリース(2005/01/28)されてました。さっき、スペースシャワーで田中秀幸の手によるPVを見てはじめて気がつきました。不覚であった。。。DATA 80 も名前を知ってるだけで聴いたこと無いので、これをきっかけに聞いてみようかと
リミキサーはThomas SchumacherKAGAMI で豪華ですね。

Field Word/Hakan Lidbo
>> Field work/Hakan Lidbo( Frogman )[試聴可]
>>■ Hakan Lidbo ■(Frogman)[試聴可]
>>CISCOで購入[試聴可]
>>CISCOで購入[12 inch,試聴可]

>>DATA 80/DATA 80(CARRY ON)
DATA 80 の紹介とライブレポートです。

>>フィールドワーク( ウィキペディア )

オリジナルは坂本龍一と当時をときめくトーマス・ドルビーのコラボレーションシングル。7 inch と 12 inch で発売されました。
ヴォーカルはトーマス・ドルビー、ドラムパターンも印象的、間奏の疾走感とメロディも好きだった曲でした。東京(TYO)サイドのストイックな感じと、ゴージャスなロンドン(LON)サイドのコントラストがはっきりした二つのミックスが収録されてました。歌詞はこちらで。
ちなみにイントロ部分のみ立花ハジメが参加してたはず。ジャケットデザインもハジメちゃんですね。

[オリジナル:12inch] これは VIRGIN 版、収録曲は日本版と同じです。カップリングの"Exhibition" はアンビエントな作品で、よくおやすみミュージックにしてました。
>>Flipside Records: Techno-House
"New Wave/Dance with early Electro-Clash elements" というレビュー。ジャケ写あり。
>>Ryuichi Sakamoto Featuring Thomas Dolby( VT Music )
ここなら 7 inch 12 inch どれも購入できるみたいです。MIDI版 7 inchが一番高値です。

[オリジナル:PV]
当時、監督がトーマスドルビー(出演も)で坂本龍一が元日本兵役というPVが作成されたのも話題になりました。
>>Director's Real Videos(TDolby.com)
これはトーマスドルビーのビデオクリップ集。Fieldworkもちょっとだけ見ることができますね。> 直リンク
>>Thomas Dolby: The Golden Age of Video(EMI)(1990)(amazon.com)
 VHS だとこのクリップ集に収録されてるんだけど。。。おれんちのビデオでは見られません。

[オリジナル:CD]
>>Field Work + Steppin into Asia + Arrangement/坂本龍一( MIDI )
これは後年、他のシングル等とカップリングして CD 化されたもの。"Field Work"の12inch、 7inchの全バージョン収録。"Exhibition" は 12inch 版のカップリングだったアンビエントな長尺作品。6.7.8.9 はアルバム"左うでの夢"のトラックにロビン・スコットのボーカルをのせた"Arrangement"というミニアルバムから。"Steppin' Into Asia"はタイ語ラップ+矢野顕子ヴォーカルのシングルから。

>>Illustrated Musical Encyclopedia [FROM UK] [IMPORT]/Ryuichi Sakamoto(Virgin-1988)(amazon.co.jp)[試聴可]
 「音楽図鑑」の海外版ですが、一曲目に"Field Work"が収録されてるんですね。
>>Silk Pyjamas/Thoms Dolby(Virgin-1983)
 トーマスドルビーのシングルですが、これにも"Field Work(LONG LONDON MIX)"を収録。

[音楽配信]
>>Illustrated Musical Encyclopedia / 坂本龍一 (goo)[試聴可]  
内容は先の海外版「音楽図鑑」ですが、ダウンロード購入可、CDにも10回まで書き込み可です。

[ライブテイク:Bernard Fowler(vo)]
>>BEHIND THE MASK(+3)/坂本龍一 (MIDI)(amazon.co.jp)
1993/09/21発売。海外のライブでは「これはロックンロールだ!」と好評だったYMOの"BEHIND THE MASK"を歌詞を追加して(マイケル・ジャクソン!作詞)セルフカバー、"Field Work"と共にBernard Fowler がヴォーカルをとるスタジオライブバージョンを収録。"Risky"はアルバム"NEO GEO"収録のイギー・ポップ(!)によるヴォーカルトラック。"Field Work(Edit)"はオリジナルをはしょりまくった二分少しのショートエディットバージョン。"両眼微笑"は坂本龍一のNHK FMの番組「サウンドストリート」のテーマ曲で、タイトル通りほのぼのしてます。とっちらかったようでお得感もある選曲ですな。
>>メディア・バーン・ライブ/坂本龍一 (MIDI)(amazon.co.jp)
 1988/05/31発売。こちらは "フィールドワーク"、1986年"メディアバーンツアー"でのテイクを収録。

[カバー:半野喜弘] 2004/02/25発売。音楽評論家、小野島大氏の企画したニューウェーブトリビュートアルバム。半野喜弘氏が"Field Work"をカバー。アコースティック(というかフォークトロニカ?)なアレンジに女性ヴォーカルという、意表を突く作品に仕上げてます。レーベルゲートだったので見送ったんですけど、こんな作品が収録されているのなら。。。
>>SONY MUSIC で購入[試聴可]

[トーマスドルビー作品]
12x12/Thomas Dolby >> 12 X 12 [BEST OF] [FROM US] [IMPORT]/Thomas Dolby(amazon.co.jp)[試聴可]
2001/05/08発売。不覚であった。。。こんなのでてたのか。トーマスドルビーの12inch ばかりを一枚に収めた、おれ的にたまらんCD。("Field Work"は収録されていません。)
>>HMVで購入
こちらが安いです。。。

>> February 24, 2004/Thomas Dolby(N@Blog)
上記情報源はこちらでした。

>> Thomas Dolby( Listen Japan )[試聴可]
全アルバムのダウンロード購入できます( CD 書き込み可)。「80年代半ば以降はフェイドアウト」なんて書かれてますが、プレファブ・スプラウト等のプロデュースワークについても書いて欲しいところ。

|

« FIAT New Panda 4x4 / Panda-Maxi | トップページ | Gillette M3 Power アイ・アム・橇(ソーリ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/2991125

この記事へのトラックバック一覧です: Fieldwork/Hakan Lidbo (Ryuichi Sakamoto +Thomas Dolby):

« FIAT New Panda 4x4 / Panda-Maxi | トップページ | Gillette M3 Power アイ・アム・橇(ソーリ) »