« 2005/04/15 徳島ヴォルティス 1-1 ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | ベッカムのボールはなぜ曲がるのか? »

2005.04.18

CARNATION - tour RUNNIN' WILD JAPAN@BANAN HALL

カーネーション、ライブツアー2005 tour RUNNIN' WILD JAPAN、2005/04/16(SAT)、バナナホールへ行ってまいりました。

サポートメンバーはおなじみの中森泰弘(Gtr/Vo) from Hicksville と若手の渡辺シュンスケ(Key.) from caferonを迎えて、五人編成のカーネーションライブ。とはいえ、かつてのカーネーションと同じことをやるわけでもなく。電子音の味付け有り、インスト有り、直枝がギターを持たない曲も有りと、いろいろバリエーションが広がって楽しかったですよ。

以下、セットリストです。

  1. スペードのエース
  2. カウボーイ・ロマンス
  3. 獣たち
  4. ルネッサンス
      「獣たち」とこの曲は会場限定販売のCDから。タイトル通りワイルドな「獣たち」、ファンクでキメまくりの「ルネッサンス」、カコイイ。
  5. リアルマン
      久しぶりだな。盛り上がる。
  6. SuperZoo!
      渡辺シュンスケ氏の電子音飛び交うアレンジで。
  7. レインメーカー
  8. 気楽にやろうぜ
  9. Miss CRADLE
      中森氏のスライドが粘る。
  10. Lovers&Sisters
      直枝氏はギターを置いて。コーラスフレーズをオルガンで置き換えて、ちょっとおしゃれな感じでしたね。
  11. Sunset Sunset
      この前は弾き語りで聞いたけど、今回はピアノがあるのでほぼオリジナル通りのアレンジで。
  12. ( interlude#1 )
  13. 十字路
  14. ( interlude#2 )
  15. エンジェル
      かなりラウドな「エンジェル」だった。間奏が長めで歌の入るデモバージョンの構成でした。
  16. 魚藍坂横断
      ギターが二本ないと難しい曲ですね。聞けてよかったです。またもや中森氏のスライドがさえまくり。ちょっと歌詞間違えたけどね。
  17. RUNNIN' WILD
      ということで、アルバムのラストの曲で一旦終演。
  18. encore#1
  19. ぼうふら漂流族
      いつにもましてテンポはやめだったような。途中、ゆっくり目になるパートで矢部氏の人力ディレイ効果なドラミングが面白かったな。
  20. あの日どこかで
  21. encore#2
  22. Lady Lemonade(新曲)
      runnin' wild Kyusyuでの「ツアー中に新曲を作る」という宿題に答えたものだそうです。
  23. ハイウェイ・バス
  24. 夜の煙突

MC では九州ツアーネタ(「鹿児島のお客さんはみんな中島美嘉似(直枝氏談)」)とか、サポートの渡辺くんがこのライブの後、とんぼ返りで東京に戻って夜中にBUCK-TICKのコピーバンド(!)のサポートやる話とか。

こうやってみると、いろいろ曲を挟みながらアルバム"SUPER ZOO!"からほぼ全曲、曲順通りだったのですね。

去年のアルバム、ベスト、DVD を購入した人に届く特典も、この日に発送を始めたそうです。もう、届いてるかな。

>>RUNNIN' WILD JAPAN[carnation-web]
>>2005 tour RUNNIN' WILD JAPAN[carnation-web]
>>ルネッサンス[carnation-web]

|

« 2005/04/15 徳島ヴォルティス 1-1 ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | ベッカムのボールはなぜ曲がるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/3751188

この記事へのトラックバック一覧です: CARNATION - tour RUNNIN' WILD JAPAN@BANAN HALL:

« 2005/04/15 徳島ヴォルティス 1-1 ヴァンフォーレ甲府 | トップページ | ベッカムのボールはなぜ曲がるのか? »