« FOOTBALL BATON | トップページ | 2005/06/25 徳島VS鳥栖、プレビュー等 »

2005.06.24

ミュージカルバトン

ミュージカルバトンです。wac さんから回ってきました。

長考してもしょうがないのでとりあえずこれで次に回します。また回ってきたらまた考えます。

>> Musical Batonとは[はてな]

*Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

自作デスクトップPC のなかに 56.7 G です。家にあるCDを随時リッピング中なので、さらに増加中。これをThinkPad からリモートで繋いで iTunes に取り込み毎朝 iPod shuffle を差してシャッフルでアップデート、それがその日聴く音楽です。

*Song playing right now (今聞いている曲)

いまこれを公開したこのとき iPod shuffle から聞こえているのはこの曲です。
ナンキンテリアでドテカボチャ / MENU
テクノ歌謡コレクション*Toshiba編 デジタラブ (Pヴァイン・レコード)[amazon.co.jp]収録
ソロデビュー前のちわきまゆみ在籍のテクノユニット、メニューの曲。ヴォーカルスタイルがはっちゃけてる。企画ものっぽい。

*The last CD I bought (最後に買ったCD)

Scooter/QYPTHONE (2001 Happiness Records HRCD-009)[ qypthone.com ]
TOKYOGUNS EXHIBITIONのために作られた QYPTHONE 一曲入り限定シングル。TSUTAYA 北島店でなんと55円で購入。アルバム"Montuno no.5"にも収録されています。このアルバムは2003年に最もよく聞いたかもしれない。20世紀の終わりの京都metroのイベントで出会ったバンドです。

*Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

バンド、アーティスト単位ということになると全く違ったことになるでしょう。五つあげるならYMO、RC SUCCESSION、佐野元春、カーネーション、フィッシュマンズかな。

以下はそれらを外して思い浮かんだ五曲を。

1.ペルシアンラブ / ホルガーシューカイ
Movies [FROM US] [IMPORT]/Holger Czukay(MUTE)[amazon.cojp]収録
永遠のコラージュミュージック。ジャーマンロックの大御所カンのベーシストであり、ラジオ・コラージュ職人。デビシルPHEWとも競演してるね。TRIOからでてた"movies"というソロアルバムにオリジナル版収録。 「スネークマンショー」の2ndにはエディット版収録。ラジオから聞こえてくるコーランのうなり、どこかの国の弦楽器に郷愁を誘う民謡の声や笛の音が、透明感あふれる流れるようなギターを絡めたバックトラック上に絶妙に張り合わされて、どこにもないどこでもないバーチャルでポップな民謡が編み上げあられています。この曲がサントリーのCMソングになり、シングルカットされていたのだから幸せな時代だったのである。今でも全然使える。着メロまであるぞ。

>> Movies/Holger Czukay (Mute U.S.)[amazon.com:試聴可]
>> Movies/Holger Czukay[@TOWER.JP:試聴可]

2.COLD SLEEP / CT SCAN
Remix Trax Vol.7 - Cosmic Soul[amazon.co.jp:在庫切れ]収録
CMJK がいたユニットだったかな。"The door into summer mix"というタイトルが付いてたので、曲もそのサブタイトルもハインラインの「夏への扉」からということだろう。シンプルな下降していくメロディが一つ。遠く彼方でこもってうねる音色のコード。激しくモジュレーションのかかったシーケンスパターン。これに4つ打ちのビートが絡まりドライブされると、おれを凍りつかせてしまうのだな。

>> Discogs で情報を見る

3.Belfast / Orbital
Orbital [FROM US] [IMPORT]/Orbital (ffrr)[amazon.co.jp:試聴可]収録
Orbital の 1st アルバムより。オービタルの曲はダンスミュージックと呼ぶにはメロディアスで音色が豊かで、映画のサウンドトラックを手がけてたほど情緒性たっぷりなんだな。ポルタメントのかかった16分のシーケンスパターン。複雑に飛び跳ねるベースライン。そして、この曲の色調を決定づけているのは、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン( Hildegard von Bingen )"O Euchari"という曲からのからのフレーズサンプリング。女性の朗々とした歌声が荘厳さを与えています。ゆるゆると終わっていくエンディングも好き。

タイトルは彼らがベルファストでライブしたときにこの曲やったら好評だったので、その楽しかった思い出にちなんで。

>> Belfast (Live at Glastonbury - 24th June 1995)[LOOPZ]
 ライブバージョン。
>> Remix Competition - 1998 - Remix Number 8[LOOPZ]
 Nogginさんの"Belfast"リミックス。
>> Gothic Voices, “O Euchari”
 一部だけ聴くことができます。まさにこのパートを使っています。

4.微熱/川本真琴
微熱 [MAXI]/川本真琴(SONY)[amazon.co.jp]収録
一時期、一日リピートで聞いてました。16で刻まれるバックコーラス。琴の音とその奏法を模したバッキング。オリエンタルなメロディ。ブラジリアンな感じのリズムパターン。ものすごいアレンジだった。はまってました。中古で二枚買った。

>> 微熱/川本真琴 AICT-1144[SONY:試聴可]
>> 微熱/川本真琴[歌詞]

5.彗星/Salyu
彗星 [MAXI]/Salyu (トイズファクトリー)[amazon.co.jp]収録
小林武史プロデュース、詞曲も彼です。覚えやすい、口に出して歌いあげたくなるぐっと来るメロディ。ミュージカル仕立てのPVも面白い。映画の中では「リリィ・シュシュ」でもあるひとです。出たからではなく聞いて欲しくなって買った最も最近の曲なので、ここにあげておきます。

*Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

五人はアレなので。以下の三人におねがい。じーちゃん、これもお願い。

|

« FOOTBALL BATON | トップページ | 2005/06/25 徳島VS鳥栖、プレビュー等 »

コメント

One acknowledges that humen's life seems to be not very cheap, but people require cash for different issues and not every one earns big sums cash. Hence to get some credit loans and just commercial loan would be a correct way out.

投稿: Wilma20HAWKINS | 2012.01.03 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/4643905

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカルバトン:

» Orbital - Belfast [mostalgy]
トラックバックステーションの今週のテーマ”私を癒してくれる曲”ということで 自分がテクノで最も好きな曲がこれにあたるので紹介します。 Orbital? 「Belfast」 自分がまだテクノを聴きだした、4年くらい前にこの曲に出会いました。 それから今でも、そして死ぬま... [続きを読む]

受信: 2005.12.22 00:20

« FOOTBALL BATON | トップページ | 2005/06/25 徳島VS鳥栖、プレビュー等 »