« 2005.J2第20節[07/09] 徳島ヴォルティス 1-3 アビスパ福岡 | トップページ | フィッシュマンズ、RISING SUN ROCK FES. 2005 出演 »

2005.07.11

さねよしいさ子ライブ@Common Cafe 大阪

オレペコ企画による「さねよしいさ子 2005初夏のツアー」の大阪公演@Common Cafe に行ってまいりました。ここでのライブは去年冬の原マスミライブを見て以来。

汗だくで梅田から歩いて18:00前に付くとまだ準備中。しばしまって入場。ビル地下にあるカフェなのですが、階段の壁には「ナマケモノちゃん」のイラストポスター、降りたところには「ぺとぺとさん」のチラシが貼ってあります。

入場料とドリンクチケットもらって入場。五十人も入ればいっぱいのスペース。中央前から二列目の席に座り、キリンラガーで開演待ち。隣には七歳の娘を連れてきたお父さん。おっさん率、高し。

オープニングアクトは月夜さん。九弦ギターを持って。サポートにスティールパンとクラッシックギターで五曲。

そして、だぶん20:00過ぎに開演。さねよしさんくねくねと登場。ピンクの自作Tシャツにスカート、黒のハイソックス、赤い靴、髪は後ろで二つにくくって。(Tシャツは売ってたけど売り切れたとのこと。)近すぎててれる。

サポートは去年の原マスミ氏のライブでのサポートもされてたヴァイオリン奏者 柴田奈穂さんとキーボードの島田篤さん。( 二人は「アレ・れ」 というユニットも組んでいるそうです)

デビューアルバムから聴き続けているアーティストの一人だけれど、ライブで見るのは今回が初めて。不器用にというか、はちゃめちゃにMCをこなし、ふらふらと手足をばたつかせたり、飛び跳ねながらステージを進める彼女に、登場したときはどうしたものかと思ったのだが、一方であまりにイメージ通りという思いもあり。

でも、歌い始めればそこにいるのは、素晴らしい表現力と技術を持った一人のうたうたい。なんの心配もなく歌を聴いていられる。

こちらのインタビューに依れば三つの歌い方があるといわれているけど、確かに声質、歌い方が曲調によって明確に変わる。完全に分けることはできないけれども、その特徴をつかんでいると思う。

押さえた静かな感じでメロディに忠実に歌う声、はしゃぐようにコミカルな感じもある弾けた歌声、高ぶる感情を盛り込んだ曲では太く大きく揺れ動く声で。

いわゆる譜面通りに歌ってもピッチのずれない素晴らしい歌唱を聴かせてくれるのだけど、一瞬にして裏声から転じて戻ってくるような歌い方とか、メロディから微妙にもしくは大きく自由にはずれていける歌い方が彼女の特徴になるのかな。目の前で聞いていると、まるで何かの楽器のようにコントロールされている感じだな。

前列2列目で間近に見るさねよしいさ子、いつまでも聞いていられると思った歌と歌声だった。機会があれば次もライブに行きたい。そして、彼女以外には誰も作れない作品をこれからも残していってほしいと強く思った。

不十分なセットリストを以下に。

  • わたしの名前はあなたの名前
     ふにゃふにゃと登場して、歌い始めると一気に歌の世界に。自己紹介風の曲なのかな。
  • マンナカ山 [「スプーン」収録]
     さねよしワールドですね。と、思いました。
  • (カバー? クラッシック?オペラ?)
  • ひみつ玉 [「スプーン」収録]
     メロディも好き、ちょっとエロチックだったりファンシーだったりする歌詞も。
  • 緑の風を眺める部屋 [アレ・れ]
     小島氏と柴田さんの紹介に続き演奏。さねよしさんはステージ後ろのいすに座って聞いてます。
  • オー、シャンゼリゼ (朗読と歌) [「ペクレナトルホポア」収録]
     日本語詩の朗読から始まりました。フランス語で自由に歌いこなすのもかっこいい、と初めて聞いたときから思ってたけど。ライブでも同じだった。
  • 知ラナイナイ空 (「ぺとぺとさん」オープニング)
     ぬりかべの子供であるなんとかちゃんのうちわを持って歌ってました。
  • 帰り道(「ぺとぺとさん」エンディング)
     短めでお送りしたので、フルバージョンはCDで、と。こちらは作詞も作曲もさねよしさん。
  • 仔馬
     CDにはないってないですよね。ちょっと怖い感じもするおとぎ話風の曲。
  • 月といもうと [「手足」収録]
     ちょっと歌詞を間違えて歌い直したかも。
  • (不明)
    エトセトラとシとミとドと、いうような歌詞。聞いたことあるような気もするけど。
  • [encore1]
  • そらや愛やりんごや風 [「天使のほほえみ」収録]
     好きな曲ですね。聞けてよかった。あー、これ宮沢賢治からか。と、今、知りました。うかつであった。
  • [encore2]
  • My Favorite Thing (アカペラ) [「風や空のことばかり」収録]
     二度目のアンコール。マイク持ってさねよしさんだけ登場。アカペラで歌ってくれました。
  • 猿(アレ・れ)
     二人を招き入れて「猿」リベンジ。ライブスケジュールの紹介も。
  • 天使のほほえみ [「天使のほほえみ」「スプーン」収録]
     これも好きな曲。最後の曲でした。

>> plum - さねよしいさ子オフィシャルサイト
>> bloc:さねよしいさ子情報

>> オレペコ企画
>> SINGLE PROJECT COMMON CAFE

>> ぺとぺとさん
さねよしいさ子インタビュー有り。

>> 7/8 さねよしいさ子「2005初夏のツアー」[日記G]

|

« 2005.J2第20節[07/09] 徳島ヴォルティス 1-3 アビスパ福岡 | トップページ | フィッシュマンズ、RISING SUN ROCK FES. 2005 出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/4919841

この記事へのトラックバック一覧です: さねよしいさ子ライブ@Common Cafe 大阪:

« 2005.J2第20節[07/09] 徳島ヴォルティス 1-3 アビスパ福岡 | トップページ | フィッシュマンズ、RISING SUN ROCK FES. 2005 出演 »