« 2006/06/30 SUBMERGE LIVE IN JAPAN[DVD] | トップページ | 今日のiTMS - タイムマシンにおねがい(06version) »

2006.06.28

今日の iTMS - Live Wire/The Meters - オートバイ/カーネーション

カーネーションに「オートバイ」という曲があるけど、この曲がミーターズ(The Meters)のドラムパターンのフレーズサンプリングから生まれたというエピソードは、いろんなところで直枝氏自身が語っているところ。その曲、"Live Wire"が iTMS で購入できますよ。オルガンが転がりまくる短いインストナンバーでした。

The Meters - The Original Funkmasters - Live Wire Live Wire/The Meters
"The Original Funkmasters"より。
=> The Very Best of the Meters [Best of] [from US] [Import] / The Meters[amazon.co.jp:試聴可]

=> The Very Best of the Meters [Best of] [from US] [Import]/The Meters[amazonc.o.jp:試聴可]
こちらのベスト盤にも収録されていました。
=> Very Best Of Meters[HMV:試聴可]

カーネーションの「オートバイ」はアルバム「天国と地獄」に収録。「ロック画報vol.24」で見れるアルバムのセルフライナーには、初期「トロッコ」の頃ようなシンプルさとクールさが帰ってきたと書いてあったけど、たしかにこの曲も「トロッコ」と同じく2コードのシンプルな構成。サンプル以外はハモンド、スライドギター、ヴァイブだけでできているそうです。この2コード+揺れるドラムパターンという構成は、次作「Edo River」へと引き継がれていきます。

=> 天国と地獄/カーネーション[carnation-web]
=> amazon.co.jp
=> 全曲コメント[カーネーション狂信主義]

おれが「オートバイ」を初めて聞いたのはライブアルバム「WACKY PACKAGES」(1994.11.21/COCA-12125)。これを聞いておれはカーネーションのライブに通うようになったのだな。この頃はライブになるとメンバー五人に、大野由美子(Moog,Chorus)、美尾洋乃(Per.)、ロベルト小山(Sax)という大所帯だった。そういえば「トロッコ」も収録されているな。

やはり、この曲は「風を運んで」くれるのだな。夜遅く、あの娘の家まで、これは半分夢だと思いながら、車をひたひたと走らしている感じだ。(そして、夢から覚めるのはたぶん、夜が明けて眠りにつく頃だな。)ライブバージョンでは大野由美子さんのコーラスとMoogがプラスされさらに涼しげ、矢部さんのドラムも疾走、さらに飛べます。大好き。

=> WACKY PACKAGES/カーネーション[carnation-web]
=> コロムビア
=> amazon.co.jp
=>全曲コメント[カーネーション狂信主義]

|

« 2006/06/30 SUBMERGE LIVE IN JAPAN[DVD] | トップページ | 今日のiTMS - タイムマシンにおねがい(06version) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/10628316

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の iTMS - Live Wire/The Meters - オートバイ/カーネーション:

« 2006/06/30 SUBMERGE LIVE IN JAPAN[DVD] | トップページ | 今日のiTMS - タイムマシンにおねがい(06version) »