« 今日の iTMS - ホルスト「惑星」 ピアノ版 | トップページ | 2006.J2第30節[07/26]徳島VS柏プレビュー等 »

2006.07.25

2006/07/22 Ozma/SUZUKISKI

スズキスキーというインチキロシア人のような名前とその冷え冷えとした響きが気になって"KAMAKURA"(ZGV-001 1996)というアルバムを購入したのはもう十年前か。彼自身が立ち上げた新レーベルLOGIC からの新作"Ozma"(logic records/log001CD/2006.07.22)はiTMS から先行リリース。CD は 2006/07/22 発売。音色等は当時とは変わっているけど、スタイルは変わっていない気がします。タイトルもユーモラスでよいです。なぜオズマ?

=> スズキスキー - Ozmaスズキスキー - Ozma
=> suzukiski "OZMA"[soup-disk:試聴可]
本人ご挨拶とプロフィール、近影有り。
=> suzukiski "OZMA"[Onsa Records:試聴可]
=> OZMA/SUZUKISKI[amazon.co.jp]
=> disk union
特典:未発表音源CD-R

=> オリジナル特典付き! SUZUKISKI3年ぶりのNEWアルバムがリリース![disk union]
=> 鱸さんと私[corde blog-2006年06月19日]
=> Suzukiski ニューアルバム[髄泉]
=> Special Event Suzukiski @AppleStore 7月31日(月)8:00 p.m.[apple]

"KAMAKURA"を購入した当時は当時、テクノを漁っており、耳が求めていたのはOrbital "Lush"のシーケンスパターンであり、"Belfast"の叙情を煽るフレーズサンプリングであり、ある意味直情的でわかりやすいテクノを求めていたのだろう。また、"KAMAKURA"というタイトルから、コンピューターによるマニピュレーションを前面に押し出した、同名のサザンのアルバムを思い浮かべ、ポップなウィンターテクノかも、なんて勝手に思ってたのかもしれない。まあ、隙間が多く、ワンループでひたひたと押し切るおとなしめの、または地味な(と、当時は感じられた)彼の音楽からはちょっと距離を感じていたのだと思う。今聞くと、そうでもないんだよね。ようやく今になって耳に届いた感じかな。

=> Suzukiski - Kamakura[discogs]
=> 鱸さんとの8年前の対話[corde blog-2006年07月25日]

iTunes Music Store Japan 開店当初からスズキスキー作品は大量に販売してて、うわーって思ってたんだ。こんな風にしてスズキスキーに再会するとは、と。送り手側の気合いを感じたよ。でも、まだ買ったことないや。

=> suzukiskiとiTMS[corde blog-2005年08月13日]

=>スズキスキースズキスキー作品

|

« 今日の iTMS - ホルスト「惑星」 ピアノ版 | トップページ | 2006.J2第30節[07/26]徳島VS柏プレビュー等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/11003578

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/07/22 Ozma/SUZUKISKI:

« 今日の iTMS - ホルスト「惑星」 ピアノ版 | トップページ | 2006.J2第30節[07/26]徳島VS柏プレビュー等 »