« 2006/10.25 ANATAKIKOU@岡山ペパーランド | トップページ | 2006/11/01 SUNRISER/KEN ISHII »

2006.10.31

2006/10/25 チャットモンチー@岡山ペパーランド

ANATAKIKOU に続いて待つことしばし、チャットモンチーの登場。初めてクローズドな空間で見るライブ。鳴潮祭はなはる小松海岸と全部野外だったからね。

「ウィークエンドのまぼろし」で開演。ヘビメタのパロディのような決め決めのアレンジがおかしくもありかっこよくもあり。青空、少年、バスケットボール、夏の予感、オレンジの山際、カラス、恋人達とのどかで幸せな情景を描いて、最後のフレーズが「最悪な日曜日」。作詞はドラムの高橋久美子。「少年はバスケットボール」ってとこばっか歌ってしまう。

屋外では外に広がっていく緩い感じで、それはそれで心地よいのだが、クローズドなライブハウスでは、こちらに歌が音響が突き刺さってくる。ヴォーカルの橋本氏は幼く見えるが、力強い歌声はライブハウスではさらにラウドに響いて、実際胸に迫る物があったな。

「ハナノユメ」では「二本足で立つ/岡山の隅っこ/山陽自動車道走ってきたよ」みないなコールアンドレスポンスをやっておりました。「ペパーランド」って岡山ICから近いというMCをしておりましたが、その通り。まさにその日はおれも徳島から山陽道を経由して岡山ICで降りてそのままペパーに来ましたから。

ゆるいMCは自然体で楽しい。鷲羽山ハイランドレオマワールドトークでもりあがる。おれ、岡山県人だけど行ったことないのな、鷲羽山ハイランド。

新曲「シャングリラ」のカップリング2曲をやるときには、曲前に小芝居付きだったよ。しかも岡山弁だし。「もー、猿と犬とキジが離れんがー」「でーこんてーてーてー」って。なんなのだ、あれは。芸達者になっていくではないか。vo.橋本氏も初めて見たときよりもたくさんしゃべっておりました。彼女の誕生日に、二人から食品サンプルを送ってもらった話とか。

そのカップリング、「小さなキラキラ」はその名の通り、キラキラしたバッキングから入ってきます。「迷迷ひつじ」は早口でまくし立てるパートが印象に残ってる。これ、クリスマスアルバムに入りますよ>関係者各位

もちろんライブでおなじみの「シャングリラ」もやりましたよ。そういえばディスコビートだったのだなと。で、決めのフレーズが「希望の光なんてなくったっていいじゃないか」だなんて。すげーよ。

「ツマサキ」「シャングリラ」「どなる、でんわ、どしゃぶり」で唄われる、嘆きともため息とも着かない歌詞にならない「あぁあ」というフレーズが好きだな。

徳島から岡山へは iPod shuffle にチャットモンチー全曲を納めて聴きながら来たのだけれど、普段じっくりと聞くことがない歌詞が耳に入ってきて、ライブでさらにその印象が増幅されて、いまも心に留まったままという印象です。

たとえば「さよならGood bye」の「愛され続けること愛し続けること」。「終わりなきBGM」の「ねえいっしょに帰ろっか/ドラマでも昔話でもないよ」という一節であったり。ライブ以降、改めて「耳鳴り」アルバムを何度も聞き直し、日々、新たな発見をしておるものであります。やっぱ、チャットモンチー、すごい。

やっぱ今年も鳴潮祭、行ってこようかな。

=> これって岡山名物?[チャットモンチーDiary]
=> 山陽から[Staff Diary]

=> バンドスコア チャットモンチー/耳鳴り[amazon.co.jp]
シンコーミュージック(2006/9/28)
=>書籍情報
[シンコーミュージック]

=> チャットモンチー@岡山ペパーランド[お仕事なんて打棄って]
=> ♪~どんなに強い光もとどかないって知ったから~♪ チャットモンチー 2連発!![ROCK END ROLL]
=> チャットモンチー/ANATAKIKOU at岡山ペパーランド [本日の…]
=> ライブ!ライブ!ライブ![ど~んと来い!]
=> ライブ、そして再会。 []

|

« 2006/10.25 ANATAKIKOU@岡山ペパーランド | トップページ | 2006/11/01 SUNRISER/KEN ISHII »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/12498234

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/10/25 チャットモンチー@岡山ペパーランド:

« 2006/10.25 ANATAKIKOU@岡山ペパーランド | トップページ | 2006/11/01 SUNRISER/KEN ISHII »