« 植木等、死去#2-研究室で | トップページ | 加賀須野にて花見 »

2007.04.06

植木等、死去#3-SDPは

[ SDPと植木等 ]

といってもそれは社民党ではなくスチャダラパー。スチャダラへの植木等の影響はその名前付けにおいても明らかだが(「スチャダラ」自身が引用ではあるが(そこがまたヒップホップユニットらしい由来ではあるが))、特に彼らの1stアルバム「スチャダラ大作戦」(MAJOR FORCE 23MF-020D)では、あからさまにクレイジーキャッツ、植木等作品が引用、サンプリングされている。

[ スチャダラ大作戦 ]

=> スチャダラ大作戦/スチャダラパー [@TOWER.JP]
発売日: 1990/05/05 レーベル: MAJOR FORCE 規格品番: 23MF-020D
=> スチャダラ大作戦/スチャダラパー[amazon.co.jp]

「スチャダラパーのテーマPT.2」は冒頭から植木等の曲のサンプリングでSDPの登場を告げ、「スーダラスタンス」「スーダラスタイル」「植木等のようにそのうちなんとかなるんだろう」なんでライムを織り込んだラップを繰り広げているし、「こりゃシャク」というそのまんまの作品もあり、インナースリーブにはクレイジーのアルバムジャケが配され「バイブル」と説明されているぐらいの傾倒ぶりである。ここでみせた彼らのハードコアでもなくシリアスでもない(過激ではあったが)、日本のサブカルに囲まれてはぐくまれた独特のスタンスは新鮮で、リアルであった。

[ タワーリングナンセンス ]

また、彼らのメジャーデビューアルバム「タワーリングナンセンス」においては「あんた、誰?」という曲で谷啓とコラボレーション、谷啓自身のラップと「ガチョーン」のスクラッチを聞くことができる。

=> タワーリング・ナンセンス/スチャダラパー[amazon.co.jp]
=> 「タワーリング ナンセンス(仮)」/スチャダラパー[mora]

当時、おれは「スチャダラ大作戦」の歌詞カードを見ながらCDにあわせて一緒にラップしてた純情な浪人生ラッパーだった。その後、おれが再びラップし始めるには、ハルカリの「ストロベリーチップス」を待たなければならなかった。。。

|

« 植木等、死去#2-研究室で | トップページ | 加賀須野にて花見 »

コメント

 こんにちは。突然のコメント失礼いたします。

 私、「カブレの帝国!」というブログを書いております、鳩 カブレと申します。

 現在、私のブログにて、植木等&青島幸男作品を特集しており、貴殿のサイトをご紹介させていただきました。
 http://kensyon.blog66.fc2.com/blog-entry-22.html

 もしも「お呼びでないヨ!」という場合には削除いたしますので、お文句をおタレください。

 今後の貴サイトのご発展を陰ながら応援申し上げます。

 それでは、ん~~……、ででぽっぽー!!

投稿: 鳩 カブレ | 2007.12.25 18:03

「ポップスは引用との戦いなんだ」と佐野元春が言ってなかったっけ。
「リメンバー ヒップ ホップに決まりなんか ねんだー」

投稿: akakit | 2007.04.06 22:43

HIPHOPは引用の文化なので。
♪アスピリン片手のジェットマシーン♪

投稿: hontaka | 2007.04.06 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/14456119

この記事へのトラックバック一覧です: 植木等、死去#3-SDPは:

« 植木等、死去#2-研究室で | トップページ | 加賀須野にて花見 »