« トウキョウソナタ@カンヌ | トップページ | 「いつもレコードのことばかり考えている人のために。」小西康陽,常盤響 »

2008.05.21

2008/05/28 Bossa Nova Songbook 1/naomi&goro

自作クリスマスアルバムの選曲でもお世話になっているボサノバデュオ、naomi & goro の新作"Bossa Nova Songbook 1"(RZCM-45891)が 2008/05/28 にリリースされます。坂本龍一もピアノで参加しているみたい。

2年ぶりのニューアルバムだそうですが、ボサノバ生誕五十周年のアルバムということで、ボサノバスタンダード、名曲のカバー集となっています。「三月の水」「イパネマの娘」「One Note Samba」などよく耳にするタイトルの曲を中心にオリジナル一曲を含む13曲を収録。ボサノバ入門アルバムにも最適かな。タワレコのアルバム特集ページはこちら

2008/06/14にはルネスホール@岡山土岐麻子さんとライブ、2008/09/27には香川にも来るそうなので、これは見に行ってみたいです。

=> Bossa Nova Songbook 1/naomi&goro[amazon.co.jp]
=> naomi & goro - Bossa Nova Songbook 1naomi & goro - Bossa Nova Songbook 1
=> Bossa Nova Songbook 1[@TOWER.JP:全曲試聴可]
=> 坂本龍一もピアノで参加、naomi&goro『Bossa Nova Songbook 1』特集はこちら![@TOWER.JP:全曲試聴可]

=> http://www.naomiandgoro.jp/
=> naomi & goro [Bossa Nova Songbook 1][アルバムブログ]

=> インタビューファイル:naomi & goro[bounce.com]
ボサノヴァ50周年を迎えた今年。〈新しいハーモニー〉を追い求める2人が、ボサノヴァ・スタンダードのカヴァーに挑戦した新作を発表!
=> naomi & goroから届いたシンプルながらも味わい深いボサノヴァ・カヴァー集[CD Journal]
=> 教授も2曲にピアノで参加。ボサ・ノヴァ・デュオ、naomi&goroのニュー・アルバム[CD Jrournal]
=> アルバム『Bossa Nova Songbook1』の全曲試聴をアップ![mu-mo]
=> 2008.5.28「Bossa Nova Songbook1」リリース![mu-mo]

[ ライブ ]

=> 【岡山】naomi & goro 「Bossa Nova Songbook1」 release tour[mu-mo]
日時:2008年6月14日(土)時間未定
会場:岡山 ルネスホール http://www.renaiss.or.jp/
〒700-0824 岡山市内山下1-6-20 086-225-3003
出演:naomi & goro/土岐麻子
【問合せ】サウダーヂプレイガイド tel.086-237-1000
=>tiara「MEGU-MARRY メグマリィ」Presents tokiasako with naomi&goro Special Live![サウダーヂな夜]
=>tokiasako with naomi&goro Special Live[ルネスホール]
=> 2008/09/27 【香川】naomi & goro 「Bossa Nova Songbook1」 release tour[mu-mo]
2008年9月27日(土) 18:30~21:30
会場:香川 猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)3F カフェレストMIMOCA
タイトル:「SKY vol.7」
チケット:前売¥2,500 当日¥3,000 (共に w/1Drink)
【問合せ】ブルーマーク http://www.bluemark.co.jp/ TEL 03-5465-2191

|

« トウキョウソナタ@カンヌ | トップページ | 「いつもレコードのことばかり考えている人のために。」小西康陽,常盤響 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18319/41221896

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/05/28 Bossa Nova Songbook 1/naomi&goro:

« トウキョウソナタ@カンヌ | トップページ | 「いつもレコードのことばかり考えている人のために。」小西康陽,常盤響 »