2009.07.06

讃岐うどんツアー2009夏

同僚に誘われ久々のうどんツアー。前日に「宮武」閉店というショッキングなニュースを知る。

=>ひやあつの祖、宮武うどん閉店/「体力の限界」[四国新聞]

[ 松岡 ]

特に幾店も決めずに出発したけど、やはり一件目は宮武ファミリー「松岡」ということに。久々の訪問。冷たいの大を醤油でいただく。角張ったエッジの立った麵が口に心地よい。

=>手打ちうどん 松岡[e-sanuki.com]

Ca391829

Ca391830_2

Ca391832

Ca391833

Ca391834

[ まえば ]

「松岡」いったなら「まえば」やろー。ということで馬指の信号を曲がって「まえば」へ。かけの小と半熟ゆで卵天。絶妙のだし、安心の麵、ここはスタンダードですね。店内の自由研究発表ポスターはいまだに健在であった。

=>手打ちうどん まえば[e-sanuki.com]

Ca391838

Ca391837

Ca391836

Ca391839

[ 長楽 ]

こちらも八年ぶり、「長楽」へ。少し細めながらもエッジの立った麵は食感良し。口の中にぶつかってくる感じ。今日のベストでしょうか。写真が青みがかっているのは屋根が青いからです。。。

=>手打ちうどん長樂製麺所[e-sanuki]

Ca391844

Ca391846

Ca391848

Ca391850

Ca391843

[ 豚珍館 ]

常盤公園、ゴールドタワーと巡って、「宮武」の閉店を確かめて「豚珍館」へ。中華料理屋へ五人で入って五人ともソフトクリームという状況に躊躇するが、快く迎え入れてくれました。生乳たっぷり濃厚なソフトクリームはやはり絶品。後で気がつきましたが外の看板には「ラーメンも食べよ!」と書いてありました。。。はい、すみません。なにもかも「豚珍館のソフトうまい」と書いた田尾さんが悪いのです。

=>☆町外 柚子塩ラーメン豚珍館☆[まんのう町ツーリズム]

Ca391865

Ca391864

Ca391867

[ やましょう ]

最後は満濃へ。太い麵、ブレンド出汁で有名な「やましょう」へ。店内にはかつみさゆり、メッセンジャーなどが取材で来店したときの写真が飾ってありました。閉店間際でしたが存在感あるごっつい麵を堪能しました。小でもこのでかさ、相方の麵もいただいたので結果的に大を喰ったことに。今回はこれにて終了。

=>やましょう[e-sanuki]

Ca391870

Ca391871

Ca391869

Ca391873

帰りは徳島道へ。満濃から美馬へ抜ける道も少しずつ整備されている感じだけど、川沿いに田園を抜けて行くこの道はここちよい、おれにとってはここも「うどん道」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

池上、移転後初訪問

Ca390884

2008/09/20、夏休みの旅行最終日、淡路から靴を買いに高松へ。せっかくなので帰り道に移転後初めて「池上」(香川県高松市香川町川東下字高須899-1)へ行って参りました。とはいえ、行き方に迷って、結局、ミニストップで聞いてやっとたどり着きました。

高松から193号を南下、香川町のミニストップのある交差点を右折(塩江方面からだと左折)して、すぐ右折し県道172号へ。左手に「cafeエスト」があるので、その向かいが「池上」です(地図はこちら)。

以前より格段に広い敷地、駐車場、片隅にはかき氷屋も。るみばあちゃんもいらっしゃいました。夏の夕暮れ、またちょっとあつい日差しを浴びながら、冷二玉(\250)と釜玉一玉(一玉\150+卵\50)いただきました。

Ca390886

Ca390887

Ca390888

Ca390889

Ca390890

Ca390891_2

Ca390892

Ca390894

Ca390895

=>池上製麺所 瑠美ばあちゃんの讃岐うどん[ココログ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

2008/02/02 ウルフルズライブ@高松

かとやんのお誘いに乗って、今年で結成二十周年だというウルフルズのライブへ。雨の中高速乗って、「根っこ」でうどんをたらふく食って、会場の香川県民ホール大ホールへ。

Ca390033

二階席の真ん中あたりで見晴らしよし。メンバーはキーボードの伊藤ミキオ氏をサポートに迎えたいつもの五人。「情熱A GO GO」でスタート。アルバム「KEEP ON,MOVE ON」を中心に新旧さまざまな曲を織り交ぜた選曲。テレビでもおなじみ「たしかなこと」「泣けてくる」に定番の「それが答えだ!」「バンザイ」「ガッツだぜ!」はもちろん、トータスがスタンディングでスライドギターを弾きまくる「キーポン節」でますますヒートアップ。

映画「UDON」でトータスがお世話になった香川ならではの乗り、今回は日の出製麺所が会場まで出張してうどんを作ってくれたそうですよ。讃岐うどん「逆巡礼」だって。

ラストは「AAPのテーマ」で大コールアンドレスポンス大会、曲中盤での幼児からのツッコミに大笑い。そして、アンコール、ニューアルバムから「4人」。"SUNNY"な感じのコード進行にウルフルズというバンドの歴史を歌いこんだムード歌謡ちっくな曲。トータスがピンクのコードに歌詞カードを持って登場、バックはカラオケで歌い始める。ほかのメンバーもコートに身を包み、曲にあわせた小芝居を繰り広げまたまた大笑い。

「笑えれば」にお約束の「いい女」で終演。今回のツアーは行く予定ではなかったけれど、見終われば踊って笑って歌って満足。

Ca390034

帰り道は塩江経由。思いがけないスノードライブ。かとやんの運転で無事、帰徳。

Ca390038

=> 香川、うどんも最高っす。[mikio.net Blog]
=> 徳島!!![mikio.net Blog]


=> KEEP ON,MOVE ON/ウルフルズ[amazon.co.jp]
Keep on 希望、move on 無謀。「あんまり小唄」「キーポン節」「ムーブオン音頭」なんてタイトルを見ると大滝詠一のスタイルを思い出すよ。しかも「たしかなこと」「泣けてくる」は耳に残るメロディで聞かせるし、ラストはライブのパフォーマンスで大笑いした「4人」。乗れて笑えてしみじみという絶妙の配分はアルバム「バンザイ」を聞いたときのことを思い出します。

=> インタビュー『ウルフルズ』[エキサイト]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

根っこ 高松市木太町

2008/02/02、ウルフルズライブの前にうどんを。高松中央を高松駅方面へ降りて、最初の信号を右折。琴電踏み切りを超えて左折して長尾線へ。しばらく北上すると看板が見えてきます。セルフうどんの「根っこ」です。

=>ひと味…いや、ひと噛み違う麺 根っこ
香川県高松市木太町8区4062-5
TEL:087-866-6545
営業時間:(平日) 7:00~19:00 (土) 7:00~19:00 (日・祝) 7:00~19:00

入り口横のトレイを取りオプションのフライ等を取ってからうどんを注文、玉を受け取ったらお好みでおでんもとってレジで清算。天かす、ねぎ、しょうがなどをのせたらお席へ。

まずはしょうゆの冷を。久々の讃岐うどん、少し細めの麺がするすると入ってきます。しばし待ってお勧めの温玉ぶっかけとかけを。ぶっかけは甘めのだしが麺にあいます。かけもだしがうまみがあって寒い日にはお勧め。

Ca390028 Ca390029 Ca390030
Ca390032 Ca390031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

丸池製麺所にて

開店のお知らせをしてた「丸池製麺所」ですが2007/09/01愛媛に遊びに行く途中によってきました。以下、写真はポップアップします。

Hi3a0166 ちょっと離れた駐車場に車を停めて。

Hi3a0167 屋号は「丸池製麺所板西店」。

Hi3a0175 お昼過ぎでちょっとした行列ができてました。

Hi3a0168 メニューはしょうゆ・かけ、うどんの大・小と冷・温が選べます。釜玉、釜揚げもいけるみたい。オプションは天ぷら、散らし寿司もあったのかな。先払いのセルフ店です。

Hi3a0169 留美ばあちゃんのマークが目立ちます。

Hi3a0170 しょうゆの大・冷を奥の座敷でいただきました。ネギ、少なめでもよかったかも。

Hi3a0172 「池上」めざしてがんばっていただきたいものです。

=>丸池製麺所 板西店[i-tel.tv]
板野郡板野町大寺字大向北98-8=>Google Maps
TEL 088-672-6325
OPEN 10:00~売り切れしだい終了。水曜定休。
=>丸池製麺所板西店[Yahoo!グルメ]

=>丸池製麺所 (徳島県板野町)[弐号機のゆくえ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.14

2007/08/11 池上、再開

2007/08/11 10:00、池上製麺所が新店舗にて再開したようです。駐車場も完備されました。鶴市町時代とは隔世の感があるな。

=>今度こそ、オープン!![池上うどん]
=>瑠美子おばあちゃんの作る元気うどん 池上[讃岐うどん遍路]
香川県高松市高松市香川町川東下899-1
カフェ「estエスト」のまん前」だそうです。

近年、問題となっていたうどんゆで汁等の排水問題にも株式会社CNT(高松市)が開発した「高濃度うどん排水処理施設」で対応しているそうです。処理対象もゆで汁だけに絞り込むことでコストダウン、1号機の設置費用は約200万円とのこと。

=>【香川】るみばあちゃんの店復活/最新の排水処理[asahi.com]
=>新型うどん排水処理装置、池上製麺所で稼働[四国新聞]
=>CNTがうどんゆで汁処理装置開発 人気店に1号機 高松[山陽新聞]
=>池上製麺所、小型のうどん排水処理装置を導入[日経新聞]

=>県補助金を活用して開発したうどん排水処理装置が稼動![香川県]
[EXCEL形式] 高濃度うどん排水処理説明資料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

池上、再開情報

[ 2007/08/14追記 ]

2007/08/11に新店舗がオープンしたようです。おめでとうございます。
=>今度こそ、オープン!![池上うどん]

[ 2007/08/06記 ]

香川町に移転する「池上」再オープン情報は下記サイトより。オープンの日程や、新しい店舗の写真など更新されています。

=>池上うどん 瑠美ちゃんうどん うどんが生きてます

08/04 にオープンという情報もありましたが、手続き上の問題があり、お盆までにはとのこと。

=>「池上」移転話のその後…その4[雑貨屋の広報掲示室]
新店舗への行き方など
=>瑠美子おばあちゃんの作る元気うどん 池上[讃岐うどん遍路]
新住所が「香川町川東下字高洲899-1」とありますが「高須」の誤記。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.15

丸池製麺所-徳島県板野

[ 2007/09/11 追記 ]
やっと行ってきました。

[ 2007/04/25 記 ]
池上の留美ばあちゃんにうどん打ちを教わった方が徳島の板野で「丸池製麺所」という製麺所をはじめたとのことです。

こうやって後継が育っていくというのも、うどんブームも捨てたものではないかな、と。機会があれば食べに行ってみます。

=> さぬきうどん丸池製麺所[on the wave]
初日レポート
=>池上製麺所 るみ婆ちゃんの弟子(徳島編)[スマグラ]

=> 「丸池製麺所」[ブログ de お気楽]

=> 丸池製麺所情報。[sugizaki family hawaii diary]
=> 丸池製麺所宣伝ポスター[sugizaki family hawaii diary]

=> 池上うどん 閉店[田舎ではたらく三十路のアメブロ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.08

2007/03/07 「UDON」本広克行監督

「踊る大捜査線」の監督、本広克行氏によるうどんブームの興亡と、うどんを巡る家族の物語を描いた映画「UDON」がDVD化され2007/03/08に発売されます。

本編+メイキング二枚組の「スタンダードエディション」(PCBC-51094)と、プロトタイプ台本付きプロトタイプDISCを加えた三枚組「プレミアムエディション」(PCBC-51095)が用意されております。

[ UDON プレミアム・エディション ]

=> UDON プレミアム・エディション[amazon.co.jp]
=> UDON プレミアム・エディション[JBOOK]
「幻のプロトタイプ本編を初公開!本編収録分数は約184分」だそうです。
=> 製品情報[PONY CANYON]

[ UDON スタンダード・エディション ]

UDON スタンダード・エディション
=> UDON スタンダード・エディション[amazon.co.jp]
=> UDON スタンダード・エディション[JBOOK]
=> 製品情報[PONY CANYON]

この映画、北島シネマサンシャインにて、なんとか最終日の最終回に滑り込みで鑑賞できました。しばらく後に見た「時をかける少女」(細田守監督)の方が、2006年公開された映画としての評価はよいのでしょう(おれもそう思う)。しかし、うどん八十八カ所を敢行した身にしてみればこの映画には、うどん屋・製麺所の店舗とそこのおじちゃん、おばちゃんたちがフィルムに焼き付けられた、貴重な資料映像としても捨てがたい魅力を感じてしまうのです。(池上も移転しちゃうしね)

でも、香川で讃岐うどん体験していない人はどんな風に見たのでしょうね。

映画の前半はうどんブームのはじまりと衰退までを、小西真奈美、ユースケサンタマリア、トータス松本の演じるブーム仕掛け人である「麺通団」を通して描いています。「恐るべきさぬきうどん」で描かれるエピソードもいくつか交えてますな。実在するうどんやさん、製麺所のおじさん、おばさんも映画に出演。あ、宮武のおっさん、お、池上のおばちゃん、久しぶり、谷川のおばあさん、赤坂のおばちゃんってな感じでお店で知っている顔が至る所に見られてほほがゆるむ感じ。

ここで描かれるうどん屋探しの描写に、ナビのない頃(今も無いが。。)、道路地図と住所を頼りに迷いながらツアーをしていたことを思い出します。ちなみに小西真奈美の使っていた香川県の道路地図、おれも愛用しています。スポンサーである日産の車両、昔のパイクカーが大量に登場するのもおもしろいかな。かのレプリカント映画の例のシーンをカバーしてたのも笑えたな。

後半はユースケの父が営む「松井製麺所」を舞台にした父と子の対立と和解の物語。ここでは様々な表情を見せる飯野山のショットが魅力的。水面に映える飯野山、空から見る飯野山。(お金、かかってるな。。。)「なかむら」辺りを訪れた人であれば、親しみのある風景がいくつも。

そして終盤のゴーストストーリーに涙してしまったおれであった。おれ「UDON」で泣きました。。。

=> UDON 公式サイト
=> UDONバラエティチャンネル
=> UDON 公式ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

たむらうどん店-鳴門

チャットモンチーこのインタビューで<うどんの「田村」>が行きつけだ、と答えたりしているので、時々このサイトへの検索ワードになってます。そんなわけで、2000年に訪問したときの「たむらうどん店」の写真など更新します。パンダも写ってるしね。

000702tamuranaruto 000702tamurashoyufull

=> 月刊太田ダンディ食堂第26回 ─ チャットモンチー[bounce.com]

鳴門駅近くの三角公園の前にあります。鳴門にあるけどいわゆる「鳴門うどん」じゃなくて、ストロングな讃岐うどんのセルフ店。朝6:00から開いてるわけですが、そんな時間に行ったことはなく。。。ヴォルティスのホームゲームの前にでもいかがでしょうか。

日記を見てみると、うどん八十八カ所をやってる時に行ってますね。ということで、当時の日記(2000.07.02)から引用。

鳴門三角公園横「たむら」へ、。セルフのお店、正面に車二台止められます。大きなテーブル二つ。オプションには天ぷら、フライにおいなりさん、おにぎりなど。カウンターでうどんを注文して受け取って支払い。後払いでも行けました。

まず、「しょうゆ」とちくわ天をいただく。作り置きだったのでちょっと弱い麺になっていましたが、これ、出来たてだったら美味しいだろうなーという予感を抱かせる麺。 なので「ひやひや(ひやうどん)」をもう一杯。

これがっ!さっきの麺と作った時間が違ったのか、強いコシの口当たりを持った軽くちぢれた麺を味わえました。うっまーい。昼休みにがんばって行ってみるかな。

がんばれば、会社の昼休みに行って帰れたわけですね。最近行ってないですな。

=>手打うどんたむら[青い大陸四国]
写真レポート
=>たむらうどん店[Yahoo!]
=> たむらうどん店[徳島タウン]
=>徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜215[GoogleMaps]

[amazon うどんショップ]

=> amazonうどんショップ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2006J2-3rd per. | 2006J2-4th per. | 2005J2-1st per. | 2005J2-2nd per. | 2005J2-3rd per. | 2005J2-4th per. | 2006J2-1st per. | 2006J2-2nd per. | achordion | Aira Mitsuki | Ajax | akiko | Alva Noto | amazing goal | Ametsub | anonymass | Autechre | AYUSE KOZUE | Bajune Tobeta | Bird | BO GUMBOS | BONNIE PINK | Burial | C.T. Scan | Capsule | Carl Carig | Chara | Christian Prommer | CRO-MAGNON | DE DE MOUSE | Derrick May | DJ SPOOKY | DJ TASAKA | DJ WADA | Donna Regina | DS-10 | dubstep | E2 E4 | EP-4 | EX MACHINA | FIAT 500 | FIAT Panda | FIAT Punto | fishmans | Fukkk Offf | GAME | HAKASE-SUN | HAMMOND 44 | HASYMO | HMO | Holger Czukay | HOSOME | iPod shuffle | iPod touch | iTMS | JaccaPoP | Jeff Mills | KRAFTWERK | LOFT | London Elektricity | Martyn | naomi & goro | NORAD TRACKS SANTA | NRBQ | Oh!Penelope | ONRA | Orbital | pal@pop | PENGUIN CAFE ORCHESTRA | Perfume | POLYSICS | Prefab Sprout | pupa | RCサクセション | RICARDO VILLALOBOS | Robert Hood | ROCO | RSA Conference | ryoji ikeda | SAKEROCK | SBK | Sour | SQUAREPUSHER | STRINGRAPHY | Strings of life | Syrinx | System7 | TEI TOWA | TESTPATTERN | The Bird and the Bee | The Fuss | The Guitar Plus Me | Theo Parrish | TOKYO No.1 SOUL SET | TOKYO SONATA | UDON88 | UDON本 | VALETUDO | xmas songs 2005 | xmas songs 2007 | xmas songs 2008 | xmas songs 2009 | xmas songs 2010 | xmax songs 2006 | YMCK | YMO | YouTube | いちやす | うどん八十八カ所 | かないまる | くるり | さねよしいさ子 | しょこたん | ぞりん | つじあやの | つボイノリオ | どぶろっく | なだぎ武 | はっぴいえんど | ゆらゆら帝国 | アニメ | アラスカ | アンデス25F | ウルフルズ | カートヴォネガット | カーネーション | ガンダム | クリスマス | グルメ・クッキング | グレングールド | コーネリアス | サエキけんぞう | サカナクション | サワサキヨシヒロ | シネアルテ | シネマ | ジョンジョリーナ・アリー | スチャダラパー | スポーツ | ダイハツ エッセ | チップチューン | チャットモンチー | テルミン | ドラびでお | ドンコスカレリ | ニュース | ハルカリ | ハルメンズ | バニラビーンズ | パソコン・インターネット | パラダイスガラージ | パルス | パール兄弟 | ヒカリキュレーター | ヒートウェイヴ | ピチカートファイブ | フィッシュマンズ | フリッパーズギター | ブレードランナー | ホフディラン | ムーディ勝山 | ムーンライダーズ | ヤン富田 | リアルフィッシュ | リリース情報 | レイハラカミ | 一風堂 | 上妻宏光 | 中川翔子 | 丸池製麺所 | 佐野元春 | 初音ミク | 南波志帆 | 原マスミ | 原田芳宏 | 叫(さけび) | 四星球 | 土岐麻子 | 坂本龍一 | 夏のサマー | 大野松雄 | 宮崎駿 | 宮川弾 | 宮沢賢治 | 家電 | 小川未明 | 小沢健二 | 小西康陽 | 少年ホームランズ | 山下達郎 | 岡村靖幸 | 川本真琴 | 左とん平 | 徳島 | 徳島VORTIS | 徳島ヴォルティス | 心と体 | 忌野清志郎 | 惑星 | 戸川純 | 手塚治虫 | 数学 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 曽我部恵一 | 朝日美穂 | 板尾創路 | 栗コーダーカルテット | 桂よね吉 | 植木等 | 楽器 | 横尾忠則 | 橋本和昌 | 江草啓太 | 池上 | 清水崇 | 渡し船 | 田中フミヤ | 田中雄二 | 真心ブラザーズ | 砂原良徳 | 空気公団 | 立花ハジメ | 細野晴臣 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 舘野泉 | 茉奈佳奈 | 蓮実重臣 | 藤田恵美 | 蛇口連 | 観覧車 | 詩人の血 | 讃岐うどん | 豊田道倫 | 近田春夫 | 野宮真貴 | 金延幸子 | 鈴木さえ子 | 鈴木慶一 | 鍵盤ハーモニカ | 長見順 | 阿波踊り | 電気グルーヴ | 音楽 | 高橋アキ | 高橋幸宏 | 高橋悠治 | 鳴潮祭 | 鳴門うどん | 麗蘭 | 黒沢清 | 鼠先輩