2007.04.18

今日のiTMS - 世界は誰の為に/佐野元春 MusicUnited

[ 世界は誰の為に ]

佐野元春が書き下ろし深沼元昭(Mellowhead)、山口洋(HEATWAVE)、藤井一彦(THE GROOVERS)の三人がボーカルで参加した「世界は誰の為に」がiTunes Music Store にて佐野元春 MusicUnited名義で配信開始。

それぞれ佐野元春と競演したりプロデュースしてもらったり、ゆかりのある人たちばかりですね。

=>佐野元春 MusicUnited. - 世界は誰の為に - Single佐野元春 MusicUnited. - 世界は誰の為に - Single

=> 佐野元春 MusicUnited.特集ページ[moto web server]
=> 実力派アーティスト4人が連帯[ナタリー]
=> 佐野元春 デジタルブックレットを無料配布[ナタリー]

[ BORDER-佐野元春トリビュート ]

佐野元春トリビュートアルバム「BORDER」(1996/8/31,パイオニアLDC ,BOUNC-E23)では山口洋が「君を連れて行く」、GROOVERSが「NEW AGE」を、プレイグスが「空よりも高く」をカバーしてます。

=> Border/オムニバス [amazon.co.jp]
Oh!Penelopeの「情けない週末」も好き。その他川村かおり、GREAT3、HAL FROM APOLLO ’69など参加。
=> BORDER~A tribute to MOTOHARU SANO[セブンアンドワイ]
全曲試聴可能
=> BORDER サイト[moto web server]
=> Now & Then Vol.8-01 『BORDER』 ─ 佐野元春トリビュート・アルバム[moto web server]

[ コヨーテ COYOTE ]

佐野元春、ニューアルバムは「コヨーテ」(POCE-9381)、2007/06/13 発売。

=> コヨーテ COYOTE[moto web server]
コヨーテがこよーてなあ。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.27

2006/12/26 land of music/HEATWAVE

2006/12/26朝、宅急便が届く。山口洋からの一日遅れのクリスマスプレゼントは、彼の手紙とポストカードが添られた、ヒートウェイヴのニューアルバム"land of music"でありました。すっかり忘れてたよ!

[land of music]

=> land of music[Five-D]
=> yes! with love
HEATWAVE 2006 NEW ALBUM PROJECT ドキュメンタリー制作日記
=> HEATWAVE NEW ALBUM Project[BMTunes]
=>祝福の雨 2006/12/26[ROCK'N'ROLL DIARY]
=>いよいよ明日 2006/12/25[ROCK'N'ROLL DIARY]
=>移動日 - 新しいアルバム制作への補足 2005/11/27[ROCK'N ROLL DIARY]

要は、ファンがお金を払う→バンドがアルバム制作費に充てる→ファンにアルバムが届く、というプロジェクトであるのでした。出資者は先行発売とインナーに名前を刻んでもらえるという特典と、おれの投資で作品ができたといういくばくかの充足感、バンドを支えたぜ感を得るわけです。目をこらしてチェックしたらありました、おれの名前も。

コーラスには矢井田瞳浜田亜紀子(ノマアキコ)が参加。これから聴いてみることにします。 一般発売は2007/01/24 より、BMTunes にて予約受付中です。

=> HEATWAVE[BMTunes]
=> land of music[BMTunes]
=> 2006-01-20 満月の夕の夕[another diary]

[満月の夕]

サイトでも紹介されてましたが、毎日新聞で「満月の夕」の生い立ちとこの歌を歌い継いでいる人たちをレポートした連載が掲載されていました。

=> 歌よ 満月の夕/1 こころ呼び戻す力
=> 歌よ 満月の夕/2 君の震災、俺の震災
=> 歌よ 満月の夕/3 祈ることはできる
=> 歌よ 満月の夕/4 沖縄の思い添えて
=> 歌よ 満月の夕/5止 時をかける「奇跡」

歌が歌い継がれ生き延びていくという幸せなケース。「売り上げはさっぱりだったけど、大ヒットやね」(中川敬)。おれはソウルフラワーヒートウェイブ、どっちも買ったけどな。

=> ヒートウェイヴ - ノーウェアマン - EP - 満月の夕べヒートウェイヴ - ノーウェアマン - EP - 満月の夕べ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.03.23

フールとクール-trial version-/ヒートウェイブ

フールとクール -trial version-/HEATWAVE
=>フールとクール -trial version-/HEATWAVE[mf247]

ヒートウェイブHEATWAVE STRIKES BACK!と銘打たれたシリーズより「フールとクール-」という新曲のtrial versionmf247.jp より配信されています。来年、2007年発売予定のニューアルバム収録予定の作品のプロモーション用トライアル・ヴァージョンです。

そして、ライブ開場限定で発売されていた"NO FEAR strikes back"は2006/03/24 よりbreast ONLINE shop から発売開始。

=> Strikes back! 重要なお知らせ from 山口洋[ROCK'N'ROLL DIARY]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.03

ヒロシの復讐-HEATWAVE STRIKES BACK!

=> Strikes back! 重要なお知らせ from 山口洋[ROCK'N ROLL DIARY]
=>HEATWAVE STRIKES BACK! SERIES[breast]

ヒートウェイブの久々のマキシシングルが2006/03/18に発売されます。先日の岡山でのライブ後に初披露された音源、"NO FEAR STRIKES BACK"です。これは物理的暴力による痛みを伴わないヒートウェイヴの音楽による復讐であります。

経緯は以下の通り。

-エピックソニー時代の作品の版権はすべてソニー側にある
-それらは現在、すべて廃盤である
-音楽配信の権利もソニーにある(ソニーの主張)
ソニーは配信音源を削除
-よって、現在、旧作の音源の入手は(望む人がいるにもかかわらず)困難である
満月の夕」も含む
-ならば、すべて再録、新録で提供する(BMtunes協力)
-第一弾として2006/03/18に"NO FEAR STRIKES BACK"をリリース
--"NO FEAR"りアレンジを含む四曲入りマキシ
--03/18よりライブ会場で提供、続いて通信販売、そして配信で提供
--アルバムプロジェクト賛同者には2006/03/09 より先行試聴
--トライアルバージョンは mf247 で試聴可に

ということで、岡山のライブで聞いたのですが、確かにえらいことになってました。笑える。踊れる。ソニーの皆さんも、ぜひどうぞ。収録曲は以下の通り

1.NO FEAR STRIKES BACK!
1994年リリース、アルバム「NO FEAR」収録
2. CARRY ON
同じく「NO FEAR」収録曲。
3. フールとクール(ballad of middle age) - トライアルヴァージョン
来年のニューアルバム収録予定の新曲。岡山のライブでもやっていただきました。「中年のバラード」。渡辺圭一氏が「中年」なんてロックじゃないとクレーム付き。
4. SESSION#1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.01

山口洋 on the road again@岡山デスペラード

誕生日に自分へのプレゼント、岡山デスペラードへにて山口洋(ヒートウェイヴ)ライブ、On the road,againたった一人の全国ツアー。

登場して一言「猫ひろしです。」客の少なさとノリに戸惑いながらも、MC多めで進むステージは相変わらず面白く。

今回はあらたにロック・ビールマン・スピンロック・イナバウアーも披露(笑)。

そして、アコギとは思えない強烈な音量、音響のコントロールされたギタープレイはいつ見ても素晴らしい。生ギター一つでロックンロール出来る男。

アンコールは「満月の夕」。そして怒りを込めた音楽による復讐、上がってきたばかりの音源"NO FEAR - strikes back"をばきばきの大音量で流して終演。2006/03/13 にマキシシングルで発売だとか。

購入したDVDにサインをもらい、小松島でも見たことを告げて握手。サイン後の去り際に。最後にポンと肩をたたかれ、NO MONEY/NO FEAR企画のみなさんに挨拶をして会場を後に。

=>岡山にて[ROCK'N ROLL DIARY]
060228_1804001.jpg

060301_0217001.jpg

060301_0218001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.17

今日のiPod shuffle - パンダマン/HEATWAVE

ヒートウェイブ パンダマン、あなたの心に。山口洋率いるヒートウェイブ、ソニー時代のアルバム"NO FEAR"(ESCB-1453/1994.3.21)に収録されております。

パンダマン パンダマン パンダマンは君を見つめてるというサビのポップでちょっとユニークで寓話っぽい歌です。怒る顔ができないパンダマン。人の数だけ生まれてくるパンダマン。

フィアットパンダ乗りとしては、せっかくなのでテーマ曲にしておきたいわけです。ソロライブのチケットも予約したし、久々にライブでも聴けるかな?

ソニー時代の音源はすべて廃盤。しかも、ソニー様のお怒りに触れてmora とかの配信音源もすべて消えてなくなっております、ヒートウェイブ。詳しい経緯は本人の口から語ってもらいましょう。

=>満月の夕[ROCK'N ROLL DIARY]

なぜかレーベルゲートの試聴音源のみ残っておりました。30秒だけ聴けます。プレイヤーがセットアップされていればだけどね。MAGICLIPとかSonicStage があればよいのかな。では、はりきってどうぞ!山口洋で「パンダマン!あなたの心に!」

=>パンダマン(イン ユァ ソウル)[labelgate]
=> NO FEAR / ヒートウェイヴ[SONY MUSIC]
あ、こっちならメディアプレイヤーで再生試聴できますよ。

でも本当のパンダは獰猛。熊だからね。喰われちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.02

2004/10 OFFICIAL BOOTLEG[DVD+CD]/ヒートウェイブ

新生ヒートウェイブ、TOUR 2004“LONG WAY FOR NOTHING”の模様がDVDで+ライブCDをつけて、まずは秋のツアー会場で発売、そして通信販売で入手可能とのことです。

-ツアードキュメントDVD+ライブCD"OFFICIAL BOOTLEG"発売決定!( Five-D )


[2004/11/05]
 地獄百貨店にて通販が始まってました。つーか、もう在庫がない。。。とおもったら、まだ在庫有りです。



再始動してからはアルバムもあまり聞いてないな。
ライブにも行ってないし。前回見たのは。。。小松島の宅配便か。
でも、この前の初めてテレビで動く山口洋を見た矢井田瞳との競演「雨の後、路は輝く」、ギターを手に向き合って歌う二人には、いたく感動いたしました。


ミスチルの桜井氏と小林武史氏のバンドによるカバーアルバムに、ヒートウェイブ「トーキョーシティヒエラルキー」が収録されるそうです。ヒートウェイブのファンであることを公言している桜井氏ですが、どのような作品になるのか期待しております。

アルバムタイトルは「沿志奏逢」(そうしそうあい)、バンド名はBANK BAND で2004/10/20発売予定、30万枚限定生産のチャリティーアルバムとのこと。
彼らの設立した銀行AP BANK のプロジェクトです。
岡村ちゃんの「カルアミルク」も収録。個人的にちょっと驚いた選曲の「幸福のカノン」(さねよしいさこ)なんでのも楽しみです。


[2004/11/05追記]
 amazon.co.jp で購入しました。「トーキョー~」は歌が軽めな印象ですねー。それより井上陽水、中島みゆきらの遅めのテンポの曲での歌に迫力を感じました。あと「幸福のカノン」がセルフカバーである「HERO」と「優しい歌」にはさまれているのも面白い。二種類ある(吉田拓郎「イメージの詩」/浜田省吾「僕と彼女と週末に」)というボーナストラックですが、おれのは吉田拓郎の方でした。




-櫻井和寿&小林武史の新バンド(OngakuDB.com)( Yahoo!-040903 )
-MR.CHILDRENの櫻井和寿とプロデューサー小林武史が中心となった新バンド、Bank Bandがカヴァー・アルバム発表( bounce.com - 040803 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2006J2-3rd per. 2006J2-4th per. 2005J2-1st per. 2005J2-2nd per. 2005J2-3rd per. 2005J2-4th per. 2006 J2 1st 2006J2-1st per. 2006J2-2nd per. achordion Aira Mitsuki Ajax akiko Alva Noto amazing goal Ametsub anonymass Autechre AYUSE KOZUE Bajune Tobeta Bird BO GUMBOS BONNIE PINK Burial C.T. Scan Capsule Carl Carig Chara Christian Prommer CRO-MAGNON DE DE MOUSE Derrick May DJ SPOOKY DJ TASAKA DJ WADA Donna Regina DS-10 dubstep E2 E4 EP-4 EX MACHINA FIAT 500 FIAT Panda FIAT Punto fishmans Fukkk Offf GAME HAKASE-SUN HAMMOND 44 HASYMO HMO Holger Czukay HONZI HOSOME iPod shuffle iPod touch iTMS JaccaPoP Jeff Mills KRAFTWERK LOFT London Elektricity Martyn Mort Garson naomi & goro neohachi NORAD TRACKS SANTA NRBQ Oh!Penelope ONRA Orbital pal@pop PENGUIN CAFE ORCHESTRA Perfume PLASTICS POLYSICS Prefab Sprout pupa PV RCサクセション RICARDO VILLALOBOS Robert Hood ROCO RSA Conference ryoji ikeda SAKEROCK SBK SEXY-SYNTHESIZER Sour SQUAREPUSHER STRINGRAPHY Strings of life Syrinx System7 TEI TOWA TESTPATTERN The Bird and the Bee The Fuss The Guitar Plus Me Theo Parrish TOKYO No.1 SOUL SET TOKYO SONATA UDON88 UDON本 VALETUDO Watchman xmas songs 2005 xmas songs 2007 xmas songs 2008 xmas songs 2009 xmas songs 2010 xmas songs 2011 xmax songs 2006 YMCK YMO YouTube いちやす うどん八十八カ所 かないまる くるり さねよしいさ子 しょこたん ぞりん つじあやの つるとかめ つボイノリオ どぶろっく なだぎ武 のこいのこ はっぴいえんど ゆらゆら帝国 アニメ アラスカ アンデス25F ウルフルズ カートヴォネガット カーネーション ガンダム クリスマス グルメ・クッキング グレングールド コーネリアス サエキけんぞう サカナクション サワサキヨシヒロ シネアルテ シネマ シャマラン ジョンジョリーナ・アリー スチャダラパー スポーツ ダイハツ エッセ チップチューン チャットモンチー テルミン ドラびでお ドンコスカレリ ニュース ハルカリ ハルメンズ バニラビーンズ パソコン・インターネット パラダイスガラージ パルス パール兄弟 ヒカリキュレーター ヒートウェイヴ ピチカートファイブ フィッシュマンズ フリッパーズギター ブレードランナー ホフディラン ムーディ勝山 ムーンライダーズ ヤン富田 リアルフィッシュ リリース情報 レイハラカミ 一風堂 三池崇史 上妻宏光 中川翔子 丸池製麺所 佐野元春 初音ミク 南波志帆 原マスミ 原田芳宏 叫(さけび) 四星球 土岐麻子 坂本龍一 夏のサマー 大野松雄 宮崎駿 宮川弾 宮沢賢治 家電 小川未明 小沢健二 小西康陽 少年ホームランズ 山下達郎 岡山 岡村靖幸 岩井志麻子 川本真琴 左とん平 徳島 徳島VORTIS 徳島ヴォルティス 心と体 忌野清志郎 惑星 戸川純 手塚治虫 数学 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 曽我部恵一 朝日美穂 板尾創路 栗コーダーカルテット 桂よね吉 植木等 楽器 横尾忠則 橋本和昌 歌舞伎 江草啓太 池上 清水崇 渡し船 田中フミヤ 田中雄二 真心ブラザーズ 砂原良徳 空気公団 立花ハジメ 細野晴臣 経済・政治・国際 自動車 舘野泉 茉奈佳奈 蓮実重臣 藤田恵美 蛇口連 観覧車 詩人の血 讃岐うどん 豊田道倫 赤木愼平 近田春夫 野宮真貴 金延幸子 鈴木さえ子 鈴木慶一 鍵盤ハーモニカ 長見順 阿波踊り 電気グルーヴ 音楽 高橋アキ 高橋幸宏 高橋悠治 鳴潮祭 鳴門うどん 麗蘭 黒沢清 鼠先輩