2013.01.20

水神社 吉備津大将軍神社 芋の宮大明神

春陽軒」で昼飯食べた後、気になっていた吉備津神社まで歩いてきました。なぜ阿波の国に吉備の神社があるのか。

春陽軒から田宮川沿いに歩いて「お食事処ふく一」「城北眼科」「前田電機」と過ぎてたら「水神社」の看板が。前田電機の奥に小さな祠がありました。

Ncm_3595

Ncm_3596

↑看板の内容を引用してみます。

水神さんの由来

此処は、藩政時代以前から田宮側交通水路の田宮村村営荷揚げ場であり、通称茶器の濱と呼ばれ水が渦巻く湾上の小さな港であった。かっては蜂須賀藩主代々の守り神として天神社(菅原道真公祭神)にお参りする参道の登り口であり、当時荷揚げ場管理者の坂野茂吉氏が、明治三十年代暮れの大洪水で上流より流れ着いた祠さんを押し流したが翌日同じこの港に舞い戻ってきたので、南郷の役員会で相談し郷の守り神として天神社祭礼日に合わせ祀ることにして今日に至っている。

古老の言い伝えによると、水神さん前の清らかな井戸水で眼病の人が眼を洗うと完治し、飲めば食欲が増進し健康回復する、水難で行方不明者の捜索には水神さんの「オシキ」を流せば遺体の付近に留まり発見が早かったと言い伝えがある。

昭和二十九年十月に当時の平和製紙株式会社が全面改築してから五十一年を迎え、老朽化したので、天神社一一〇〇年記念付帯事業として、平成十一年十月に天神社並びに地元有志の奉納金により立派な神殿が竣工できました。

総工費百十万円


大きな地図で見る

=> 田宮水神さん[タクドラの金太郎]

田宮郵便局から田宮街道を横切って吉野川の方へ。「宮崎農園」「日立化成ポリマー徳島工場」「ずゞや」を過ぎて久々にコンビニ「ユートピア」(春日店林商店)を見つける。

吉野川沿いの道に出て、下流に向かってちょっと歩くと「吉備津神社」が。河原側だと裏から入ることになります。境内には「芋の宮大明神」という狸の祠もあります。

Ncm_3600

Ncm_3599

芋の宮大明神

昔はゴルフ場あたりにそこの芋畑が度々荒らされたので封じ込んでしまったと言ふ。子供好きで、毎年子供の相撲があり、賑やかだったのも昔語りとなってしまった。子供の無病息災、交通安全に霊験あらたかとして、詣る人が多い。

阿波の狸奉賛会

吉備津神社、狛犬が二対、参道入り口は住宅街側にあります。

Ncm_3601s

Ncm_3602

Ncm_3607s

Ncm_3609

Ncm_3608

吉備津大将軍神社

徳島市春日一­­‐二‐八

祭り神は孝霊天皇の第三皇子の彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)で四道将軍の一人。吉備の国(現岡山県)を平定したがその地に没し、後に仁徳天皇が吉備津彦命と命名し創己した。そののち室町時代に足利義満が吉備津大将軍神社として再興、現在は岡山市内に国宝級の神社として鎮座している。

春日の当神社は、この地の庄屋だった鳥野七郎左衛門が蜂須賀蓬庵(家政)の家臣として鳥の森(現徳島ゴルフ付近)に赴いた時にこの地の守り神として吉備津大将軍の分神を祀ったことに始まる。吉野川改修工事に伴い大正九年三月に現在地に移転され、それ以来、由緒ある神社として、また近隣の氏神様として親しまれ今に至っている。(加茂郷土史より)

 

祭礼日 夏祭り 七月二十五日 秋祭り 十月二十五日

境内東側には狸の霊を祀った「芋の宮大明神」を合祀しており阿波の狸スタンプリレーの祠として子供たちに人気がある。

平成二十四年五月吉日 氏子一同


大きな地図で見る

=> 芋の宮大明神(いものみや だいみょうじん)[タクドラの金太郎]
=> Photo : 吉備津神社・大将軍神社 芋の宮大明神[alltravles]
=> ハニヤス[Wikipedia]
=> ウカノミタマ[Wikipedia]

=>阿波の狸の話 (中公文庫) 笠井 新也 [amazon.co.jp]
 /></a>
<br clear=

徳島 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.27

2010/10/26 AWA COME/チャットモンチー

チャットモンチーのミニアルバム"AWA COME"は全作品徳島レコーディングのセルフプロデュース作品、徳島県人必聴です。

[ AWA COME/チャットモンチー ]

=> Awa Come(初回生産限定盤)(DVD付)/チャットモンチー [amazon.co.jp]


M1「ここだけの話」はアニメ「海月姫」オープニングテーマ。初回特典DVDにはこの曲のPVが収録されていますが、これも徳島での撮影です。M3「青春の一番札所」は阿波弁の歌詞が阿波弁イントネーションに乗せて歌われる阿波ソング。「すだち酒で乾杯!」なんて「本家松浦酒造(@shumurie)」大喜びの必殺フレーズも飛び出すわよ。M6「あいかわらず」は「ツマサキ」を思い出す少女漫画のような胸キュンキラーチューン、最後の展開におもわずぐっときてしまいました。

特典DVDはPVの他に徳島レコーディング風景が収録されているお得な内容になっております。

初回特典 アワアワコミック

封入 すだちくんステッカー( @sudachi_1993)

レコーディングは徳島市大松町の「トリゴロ」にて行われました。こちらのブログによると「6月14日~7月14日までAスタジオが平日のみ終日貸切状態」「Bスタジオも平日20:00まで貸切」とあるこの頃がレコーディングだったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

2010/02/28 高橋悠治&高橋アキピアノコンサート@夢ホール阿南文化市民会館

誕生日に高橋悠治さんと高橋アキさんコンサートが阿南であるということなのでチケットを取りました!楽しみにしてます。


=> 高橋悠治&アキピアノコンサート@夢ホール阿南文化市民会館[夢ホール市民協議会夢つくりあなん]
チケット情報など。
=> 高橋悠治&高橋アキ ピアノコンサート [etonne]

[ solo/高橋悠治 ]

=> 高橋悠治 - solo高橋悠治 - solo
=> solo/高橋悠治[amazon.co.jp]

[ GRASSHOPPERS/坂本龍一高橋悠治 ]

高橋悠治の名前を知ったのは、例によってYMO経由。坂本龍一の1stソロアルバム「千のナイフ」収録の"GRASSHOPPERS"という曲で連弾していたのが高橋悠治さんでした。

=> 坂本龍一 - 千のナイフ - EP - GRASSHOPPERS坂本龍一 - 千のナイフ - EP - GRASSHOPPERS
=> 千のナイフ[amazon.co.jp]

=> 高橋アキの世界[amazon.co.jp]
=> 高橋アキの世界 そら飛ぶ庭改稿予告[「聖と俗」と私の日常 -石塚潤一の雑記帖-]
「不肖私が楽曲解説などライナーノートを執筆することを仰せつかった」

[ ヘルマ クセナキス 高橋悠治]

この曲はやらないわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.14

蛇口連2009

阿波踊り2009初日、仕事をぎりぎりで終えて今夜街まで自転車で。蛇口連の皆さんに会うことが出来ました。

P8121240s

今年の蛇口連ラインナップは、マイケルジャクソン、スパイダーマン、デビルマン、マジンガーZのみなさん。

P8121250s

P8121254s

P8121255s

P8121267s

P8121261s

P8121266s

P81212783

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.13

二代目いちやす

阿波踊り2009初日、なんとか時間に間に合い蛇口連を見届けた後、D/P106と「いちやす」へ。マスターの顔を久しぶりに見る。

しんまちボードウォークはお祭りの期間、他の屋台も建ち並んで大賑わい。いつもの場所に陣取る「いちやす」にもなじみのお客さんが。そして、屋台の中には「二代目壱安」Tシャツを着たおにいさんが。。。ついに、後継ぎが現れたか。これで俺も安心して余生を送ることができる。

P81212782

蛇口連については後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.12

阿波踊り2009-蛇口連、ヴォルティス連予定

徳島の夏の風物詩、阿波踊りは2009年8月12日(水)~2009年8月15日(土)までの四日間開催。

[ 蛇口連 ]

おなじみ、蛇口連は初日、2009年8月12日(水)の22:30頃、紺屋町付近に現れる予定。今年も最後のにわか連の躍り込みで話題をさらうのでしょうか。

[ 徳島ヴォルティス ]

2009年8月16日(日)にホームでベガルタ仙台戦を控えた徳島ヴォルティス連も初日、2009年8月12日(水)に登場。日程と演舞場は以下の通り。
  • 18:06頃 紺屋町
  • 19:06頃 藍場浜
=>8月12日(水)『徳島ヴォルティス連』が踊る演舞場について[徳島ヴォルティス]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.02

2009/06/28 マダムギター@徳島ジッターバグ

2009/06/28、マダムギターこと長見順さんのライブが徳島ジッターバグでありました。

18:30、開演で19:00につくと前座の日高ロンドン出身さんのライブ中。とりあえずバドワイザー。客は十数人といったところか。キングスロードでバイトしているストリートシンガーでしょうか。強引なMCその場でサンプリングループを組んで歌っていた中華料理の歌は面白いと思いました。客いじりはせず、歌一本でまず挑戦してほしい感じ。その方が素直に聞いてくれんじゃないかと思った。

続いて tuneこと三輪ヒロツネさん。普段は tune 名義で打ち込みトラックをバックに歌っているそうですが、今日は弾き語りスタイルで。バドワイザー二本目。帰り道のスーパーで買ったきんぴらの歌、コーナンのペット売り場の子ネコが悲しそうという歌、日常の寂しさを歌うというようなスタイル。歌詞がありコードがありメロディがあり歌声がある。でも、それだけでは表現として足りない。足りないのは歌詞の題材なのか、表現力なのか。その何かは次のマダムギターを見ればわかるはずと思い、マダムギターの登場を待つ。

本日メインの長見順さん登場。桜井芳樹さんとのギターデュオというスタイル。開演まで近所の居酒屋で飲んでいたらしく、気分良さそう。 タイに買い物に行ったお母さんの歌。「わかってるのかな」「クーチークー」など。見て聞いていると体が動いてくる。彼女から溢れてくる何かに、あっというまに感化されている。ギターのピッキング、リズムを取る足、歌う表情、ちょっとした歌いまわし、リフレイン。そのすべてに捕まれている。ブルースといってもしみったれた感じはなく、からっとして解放的な感じで、こっちも気分良くなるブルースって自己矛盾してないか?でも楽しい。コールアンドレスポンスもお客さんはふつうにやってくれる。それは、彼女の側に引き込んでいるということ。

アンコールは「舟歌」ブルーズバージョン!こんなに楽しいライブなのに、お客さん少ないな。もったいない、今度はお酒でもしみじみ飲みながらゆっくり見たいよ

[ マダムギター長見順 - Wo!Man ]

[ 長見順ソロライブその1 ]

一曲目はコレでした。

[ ギターマダム/永見順 ]

ライブのあと、このアルバムを購入、マダムギターステッカーをいただきました。

=> ギターマダム/長見順[amazon..co.jp]
=> マダムギター長見 順 - ギターマダムマダムギター長見 順 - ギターマダム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.27

2009/06/03 2009年途中の旅/四星球

徳島の生んだ輝けるロックの星(または裏チャットモンチー)、四星球の2ndアルバム「2009年途中の旅」(BJCD-25)が2009/06/03 にリリースされます。しかし、彼らはライブを見ないと始まらない。MONSTER baSH 2009、9月6日(日)『VALETUDO2009』に早くも出演が決定、ついにブレイクなるか?

[ 2009年途中の旅/四星球 ]

=> 2009年 途中の旅/四星球[amazon.co.jp]

[ 四星球 クラーク博士と僕 ]

[ 四星球 - め狐 CONG CONG COMPLEX ]

[ 潮騒ぎ/四星球 ]

=> 四星球 - 潮騒ぎ - Single - 潮騒ぎ四星球 - 潮騒ぎ - Single

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

2009/04/08 チャットモンチー@徳島市立文化センター

Ca391531_2

Ca391533

Ca391534

運良くチケットが手に入ったので行ってきました、 「 チャットモンチー Hall In Love Tour 2009」。以下、ネタバレありで。

=>in 徳島![STAFF DIARY]
=>ふるさと[チャットモンチーDIARY]
=>新鮮なっとくしま![チャットモンチーDIARY]
=>くみこん27!と、徳島。[チャットモンチーDIARY]

たぶんソールドアウトだったと思うけど、地元の有名人を見に来たという感じのおじさん、おばさん層も多かったような。まあ、おれもその一人なんだが。

徳島にいると無料のイベントで彼女たちを見られることも何度かあって、お金出して見るのはデビューツアー以来、二回目、1stアルバムツアー2006年の岡山ペパーランド以来。座席はちょうど真ん中あたり、やっぱホールは見晴らしがよいです。

アルバム「告白」からは全曲やったのかな。セットリストはわかりません。ここのところPerfumeばっかりで、シングルをテレビで聞くくらいしかフォローできてなかったので。なわけで、ライブ前「告白」買いました。ポストカード付き。

途中、ご当地名物スライドショーなんて企画もあって、といっても地元なので実家写真など飛び出して、これも徳島ならではかと。

あと今回はドラムキットがせり出しますよ。人力で。「長い目で見て」とか。

ライブのハイライトはアルバムの最後の曲、「やさしさ」だったかな。詩曲とも橋本さんによるわたくし全開ソング。

=>やさしさ - チャットモンチー[goo]

これも初めて聴く曲だったけど、「あめあめ」とか「だめだめ」という響きが耳に残っていく。演奏とヴォーカルがラウドになっていくにつれて、ステージ上の三人をかき消すようにライティングも強烈にまばゆく、そしてヴォーカルのエフェクトも深くなり、すべてが白く消えゆくようなステージ上の風景と音像を作り上げておりました。

あの曲は何だったのだと、CDで確かめたくなった曲だった。で、早速CDで聞き直す。マーチングドラムに民族音楽風なギターリフが重ねられ、そこにふわっとしたヴォーカルが重なるAパート。Bパートの「あめあめ」「だめだめ」という構成。チャットモンチーの新機軸か。久美子先生「これがチャットの "核" なんですよ」と。 Aパートの感じ、ヴォーカルの入ってくる感じ、なにかこのような雰囲気の曲を聴いたことがあるぞ。すぐに思い出せないけど、何かを呼び覚ますぞ、この曲は。CDではじっくり聞き込めるのもよいけど、もってかれた人はぜひライブで。

アンコールではお客さんをステージにあげて「ハイビスカスは冬に咲く」をみんなと合奏なんて演出もあり。これが途中から阿波踊りビートに遷移する面倒な曲で「なかなかノリにくいんよ」とメンバーもいってましたが、会場は大盛り上がりでした。

「シャングリラ」のディスコビートへの変拍子導入で世の耳を引いた彼女たちですが、最近のシングル「風吹けば、恋」や「Last Love Lotter」と、リズムパターンも複雑になって、コピバン泣かせな感じです。三人でどんな風にして楽曲の世界を組み立てていくのか、毎曲が楽しみなバンドです。

ということで今頃「告白」を聞き込んでます。声質もちょっと大人になった感じ。よいアルバムだと思います。

[ 告白/チャットモンチー ]

=> 告白/チャットモンチー[amazon.co.jp]
=> 告白/チャットモンチー icon[HMV]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.20

2009/01/18 サケロック@徳島ジッターバグ

サケロックホニャララツアー、せっかく徳島まで来てくれたので見に行ってきました。ありがたい。

ライブ前「阿波屋」で阿波屋ラーメン喰って腹ごしらえ。お店を出たところで出会ったハンディカムを持ったお兄さん。もうひとり、ちりちり頭のお兄さんがサケロックのハマケンだったらしい。。。

ジッターバグは七分くらいの入りか。徳島は二度目らしい。アルバム曲名入りTシャツを購入、バドワイザーで開演待ち。

=> TAILGATE meets カクバリズム!inTOKUSHIMA!!shit!!city!!(Orbit Blender)
前回徳島に来たのは 2005年、チャットモンチーと対バンだったみたい。
=> イベントレポート(Tailgate)

メンバー四人にサポートのキーボードの五人で。リード楽器はハマケンの吹くトロンボーン。トロンボーンがリード楽器ってすごいな。しかも星野源くんはマリンバ奏者でもあるし。マリンバとトロンボーンて。ジャズではない、ましてやロックっぽくはない。ファンクバンドでもおしゃれクラブ系でもない。もはや、やはり、サケロックというジャンルなのか。

変拍子だったり途中でテンポが変わったりする曲も多いね。キーボードのひとの結婚を祝って作ったという「餞(はなむけ)」、これは4/4+3/4という展開から、メンバー全員がカズーで祝福のメロディを吹くワルツパートという構成。「ホニャララ」ブレイク後のテンポはキーボード次第なのか。ものすごく速いテンポだった。「千のナイフ」と「妖怪道中記」の合体曲が生で聞けてうれしい。YMOの生「千のナイフ」は聞いたこと無いからね。エンディングの「千のナイフ」のバッキングに「妖怪道中記」のメロディという絡みのところは、YMOのライブバージョンを参考にしてるよね。

静かな二曲「エブリディモーニング」とアンコールの「今の私」は感動的。そしれハマケンラップ(っていうのか?)で大爆笑。いい塩梅の楽しいライブだった。バナナホールとかテーブル席でビールでも飲みながら見てみたい。

=> ホニャララ[amazon.co.jp]
=> ホニャララ/SAKEROCK icon[HMV]
=>今日のiTS - 千のナイフと妖怪道中記/SAKEROCK[ココログ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2006J2-3rd per. 2006J2-4th per. 2005J2-1st per. 2005J2-2nd per. 2005J2-3rd per. 2005J2-4th per. 2006 J2 1st 2006J2-1st per. 2006J2-2nd per. achordion Aira Mitsuki Ajax akiko Alva Noto amazing goal Ametsub anonymass Autechre AYUSE KOZUE Bajune Tobeta Bird BO GUMBOS BONNIE PINK Burial C.T. Scan Capsule Carl Carig Chara Christian Prommer CRO-MAGNON DE DE MOUSE Derrick May DJ SPOOKY DJ TASAKA DJ WADA Donna Regina DS-10 dubstep E2 E4 EP-4 EX MACHINA FIAT 500 FIAT Panda FIAT Punto fishmans Fukkk Offf GAME HAKASE-SUN HAMMOND 44 HASYMO HMO Holger Czukay HONZI HOSOME iPod shuffle iPod touch iTMS JaccaPoP Jeff Mills KRAFTWERK LOFT London Elektricity Martyn Mort Garson naomi & goro neohachi NORAD TRACKS SANTA NRBQ Oh!Penelope ONRA Orbital pal@pop PENGUIN CAFE ORCHESTRA Perfume PLASTICS POLYSICS Prefab Sprout pupa PV RCサクセション RICARDO VILLALOBOS Robert Hood ROCO RSA Conference ryoji ikeda SAKEROCK SBK SEXY-SYNTHESIZER Sour SQUAREPUSHER STRINGRAPHY Strings of life Syrinx System7 TEI TOWA TESTPATTERN The Bird and the Bee The Fuss The Guitar Plus Me Theo Parrish TOKYO No.1 SOUL SET TOKYO SONATA UDON88 UDON本 VALETUDO Watchman xmas songs 2005 xmas songs 2007 xmas songs 2008 xmas songs 2009 xmas songs 2010 xmas songs 2011 xmax songs 2006 YMCK YMO YouTube いちやす うどん八十八カ所 かないまる くるり さねよしいさ子 しょこたん ぞりん つじあやの つるとかめ つボイノリオ どぶろっく なだぎ武 のこいのこ はっぴいえんど ゆらゆら帝国 アニメ アラスカ アンデス25F ウルフルズ カートヴォネガット カーネーション ガンダム クリスマス グルメ・クッキング グレングールド コーネリアス サエキけんぞう サカナクション サワサキヨシヒロ シネアルテ シネマ シャマラン ジョンジョリーナ・アリー スチャダラパー スポーツ ダイハツ エッセ チップチューン チャットモンチー テルミン ドラびでお ドンコスカレリ ニュース ハルカリ ハルメンズ バニラビーンズ パソコン・インターネット パラダイスガラージ パルス パール兄弟 ヒカリキュレーター ヒートウェイヴ ピチカートファイブ フィッシュマンズ フリッパーズギター ブレードランナー ホフディラン ムーディ勝山 ムーンライダーズ ヤン富田 リアルフィッシュ リリース情報 レイハラカミ 一風堂 三池崇史 上妻宏光 中川翔子 丸池製麺所 佐野元春 初音ミク 南波志帆 原マスミ 原田芳宏 叫(さけび) 四星球 土岐麻子 坂本龍一 夏のサマー 大野松雄 宮崎駿 宮川弾 宮沢賢治 家電 小川未明 小沢健二 小西康陽 少年ホームランズ 山下達郎 岡山 岡村靖幸 岩井志麻子 川本真琴 左とん平 徳島 徳島VORTIS 徳島ヴォルティス 心と体 忌野清志郎 惑星 戸川純 手塚治虫 数学 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 曽我部恵一 朝日美穂 板尾創路 栗コーダーカルテット 桂よね吉 植木等 楽器 横尾忠則 橋本和昌 歌舞伎 江草啓太 池上 清水崇 渡し船 田中フミヤ 田中雄二 真心ブラザーズ 砂原良徳 空気公団 立花ハジメ 細野晴臣 経済・政治・国際 自動車 舘野泉 茉奈佳奈 蓮実重臣 藤田恵美 蛇口連 観覧車 詩人の血 讃岐うどん 豊田道倫 赤木愼平 近田春夫 野宮真貴 金延幸子 鈴木さえ子 鈴木慶一 鍵盤ハーモニカ 長見順 阿波踊り 電気グルーヴ 音楽 高橋アキ 高橋幸宏 高橋悠治 鳴潮祭 鳴門うどん 麗蘭 黒沢清 鼠先輩