2007.05.26

アラスカ豆#4-蒸気船アラスカ号

<<#3 Thomas Laxton

岡山で俗に「アラスカ」と呼ばれている豆は、「アラスカエンドウ」という1881年にThomas Laxtonという栽培家によって開発された品種が元になっているようです。なぜ、アラスカと名付けられたのでしょう。

さらに検索すると以下のような記載にに突き当たります。

=> ALASKA:[Hope Seed]
種の通販サイトのようです。次のような解説が。
The Alaska pea was an 1887 selection of the “Earliest of All” pea, which was first introduced by Laxton’s of England in 1881.
ここまでは前回のサイトにあったとおりです。続いて名前の由来が。
The new variety was named after the steamship “Alaska”, which held the transatlantic crossing record at that time.
どうやら当時、大西洋横断の最速記録を作った蒸気船の名前が「アラスカ号」で、それにちなんで名付けられたようです。Alaska の元の名前も"Earliest Of All"なので最速同士ということか。

そして、蒸気船アラスカ号がどのような船であったかについて調べると、下記のようなサイトが見つかりました。

=> Norway Heritage

ノルウェイからアメリカへ渡った移民に関する様々な記録を収集しているサイトのようです。その中に、ヨーロッパからアメリカへと移民を運んでいた船に関するデータベースがあり、「アラスカ号」もその一席として記録されていました。

=> S/S Alaska, Guion Line[Norway Heritage]
アラスカ号の建造、就航からスクラップになるまでの記録です。
1881年にグラスゴーで建造され、7月15日就航、リバプール~ニューヨークを結ぶ路線でした。1882年4月8日には大西洋横断を七日を切る六日と11時間で成し遂げ、新記録に。1894年に引退。1902年に解体されたとあります。
=> Alaska ship images[Norway Heritage]
蒸気船アラスカ号の写真です。絵はがきから、とあります。

=> The Guion Line Steamship Alaska[The Mind of James Donahue]
James Donahueさんの個人サイトのようですが、アラスカ号について詳細に紹介されています。

というわけで、アラスカ豆を追いかけてノルウェイの移民史にまで踏み込みかけなので、このあたりでまとめるとこんな感じでしょうか。
  • 岡山ではグリーンピースのことをアラスカ豆とか単に「アラスカ」と呼ぶ
  • だから豆ご飯は「アラスカご飯」だ。へんだけど。
  • エンドウ豆の一種に「アラスカエンドウ」というのがあるから、このことらしい
  • 学術名は Pisum sativum var Alaska っていうよ
  • この品種はイギリスの栽培家 Thomas Laxton さんが Earliest of All として開発したもの
  • しばらくして Alaska と改名されたみたい
  • Alaska は当時の大西洋横断最速記録を作った「蒸気船アラスカ号」にちなんでる

まあ、こんな感じらしい。しかし、謎は残る。なぜ、主に岡山で、こんなにもアラスカなのか。これについては、蒸気船は関係なく、どっかにも書いてあったけど、かつてはアラスカの方からの輸入が多かったから「アラスカ」と呼ばれた説が案外正しかったりするのかもしれない(こことか)。この点は現地で調べるか、「探偵ナイトスクープ」に頼むしかないでしょう。そのうち「岡山文庫」から「岡山県におけるアラスカの受容史」をまとめた「岡山のアラスカ」なんて本を誰かが出してくれたら、おれはうれしい。

<<#3 Thomas Laxton

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.23

アラスカ豆#3-Thomas Laxton

<<#2 アラスカエンドウ #4 蒸気船アラスカ号>>

岡山ではグリーンピースのことを「アラスカ」と呼ぶ。そのアラスカとはエンドウ豆の一品種「アラスカエンドウ」のことであるようだ。アラスカ品種が現れたのはいつなのか。

=> Alaska (Earliest of All)[Victory Seeds]
"This variety was introduced in 1881 in England as 'Earliest of All', by pea breeder Thomas Laxton."
1881年に豆栽培家のトマス・ラクストンさん (Thomas Laxton 1830-1890) によってイングランドにもたらされたと書かれています。最初は「最早成 Earliest of All」という名称だったようです。育つの、速いみたいね。で、いろいろあって名前が変わって「アラスカ」になったらしい。
=> Thomas Laxton[SaveSeeds.org]
Lexton さんです。Firefox では見れないかも。

アラスカと'Gradus' を掛け合わせた、彼自身の名前が付いた豆もあるようです。
=> Thomas Laxton[VICTORY SEEDS]

Laxton さんは優れた栽培家だったようですが、豆以外にはいちごを主に手がけ、息子たちは林檎なども手がけて、新しい品種を生み出していたようです。

=> G.M. Darrow, The Strawberry: History, Breeding and Physiology 6 Early Breeding in Europe [USDA]
イチゴ栽培にかんする記載ですが、"Later Varieties of the 1800's"という節に彼に関する記述が現れます。"conducted experiments for Charles Darwin, mainly with peas." ということでチャールズ・ダーウィンとも実験を通した交流があったようです。
=> Figure 6-2 Thomas Laxton[USDA]
Laxtonさんの写真とプロフィールです。

ということで、アラスカエンドウを開発したのは栽培家のThomas Laxton さんでありました。では、次回は、なぜアラスカなのかについて、報告したいと思います。

<<#2 アラスカエンドウ #4 蒸気船アラスカ号>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

アラスカ豆#2-アラスカエンドウ

<<#1 岡山のアラスカ #3 Thomas Laxton>>

岡山ではグリーンピースをアラスカ豆、アラスカと呼ぶ。これは、岡山だけの言葉なのか、学術的にはどのような品種なのか。アラスカ問題第二弾は、まずWikipediaから。

=>エンドウ[Wikipedia]
学名:Pisum sativum とありますよ。
=>グリーンピース green pea
エンドウの「未熟の種子を食用とする場合の呼び方である。」
=>アラスカ豆(薄緑小豆)[株式会社ヨシダ飼料]
飼料会社取扱商品一覧。あずき、こまめ?
=>エンドウ 豌豆[相馬博士の作物百科]
エンドウの表記、歴史など解説いろいろ。エンドウに詳しくなれます。エンドウ豆と書いちゃだめ、とか。
=>彩り・見栄えは第6の栄養素・・・食欲の基「グリンピースは、サヤエンドウの仲間」「アラスカ種やボール種などがあります。かつては、北米などからの輸入品に頼っていました」という記載。「アラスカ」はエンドウの一種みたいです。
=>生物の慣用名と学名[愛媛大学農学部]
「和名:アラスカエンドウ 学名:Pisum sativum var Alaska 英名:pea, green peas」
=>エンドウ[愛媛大学農学部]
上記、愛媛大学サイト、分子細胞生物学研究室データーベースより。「エンドウではAlaskaエンドウのように種子が熟しても緑色を保つのでGreen peas (グリーンピーズ)と呼ばれる。」

アラスカと呼ばれているものは、植物界・被子植物門・双子葉植物綱・離弁花亜綱・バラ目・マメ科に属するエンドウの一種「アラスカエンドウ(学術名:Pisum sativum var Alaska)」のことのようです。熟していない状態で食用にすると「グリーンピース」と一般に呼ぶとのことです。

では、エンドウの一品種が「アラスカ」となった、その由来は?いつごろからアラスカ?

<<#1 岡山のアラスカ #3 Thomas Laxton>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.14

アラスカ豆#1-岡山のアラスカ

#2 アラスカエンドウ>>

それは今年、2007年のGWにお互いの実家に帰省したときのこと。大阪の実家から相方が豆をもらって、岡山のおれの実家に持ち帰ったところ、それを見た母が一声「あら、アラスカじゃが。」

アラスカ?豆がアラスカ?ここに私の前にアラスカ問題が発ち現れたのでありました。

ちょっと調べてみるとグリーンピースのことを「アラスカ豆」もしくは単に「アラスカ」と呼び習わしていることがわかります。特に岡山で顕著のようです。豆ご飯は「アラスカごはん」となります。周囲の岡山出身者も聞き覚えがあるとのことでした。

=>グリーンピースのリエット[広島・岡山の生活情報サイトLICO]
岡山では「アラスカ」とも呼ばれて親しまれているグリーンピース」
=>豆(アラスカ)ご飯[きびSUN通信]
=>ばらずしレシピ[株式会社岡山県水]
岡山名物「ばら寿司」のレシピです。「祭り寿司」とも呼ばれます。「野菜は、人参、ごぼう、レンコン、春には竹の子といったものを入れます。緑色の物は、アラスカという豆です。
=>アラスカ 意味:グリーンピース(アラスカ豆) [ほべりぐ]
ATOK「「全国方言サイトほべりぐ」の「岡山弁チャンネル」の書き込みです。やはり岡山限定の用語であるという認識があるようです。
=>アラスカ=グリーンピース[My Cosmos]
岡山ではグリーンピースのことを『アラスカ』といいます。」と。
=> シズル6月号 新牛蒡とグリーンピース[岡山白桃は日本一♪]
玉島産もあるようです。
=>復刻版 岡山畜産便り昭和25年10月号 飼料作物の冬作の設計[岡山畜産ひろば]
古い資料ですが「水田転換畑地における冬作としては9月から12月の間に家畜用カブラ,10月中旬から3月中旬までアラスカ碗豆」という記載。
=>やさい食べまくり計画~アラスカ豆の皮むき~[岡山市教育ポータル]
普通に「アラスカ豆」という用語が現れます。やはり岡山では普通に流通している用語のようです。
=>10941 アラスカ[弁いち心優しき掲示板]
「ワタシとこではうすい豆はアラスカ豆とか単にアラスカと呼びます。明治の初期に豆はアラスカからの輸入が多く、どんな品種でもすべてアラスカと呼んだ名残のようです」との書き込みがあります。

アラスカの由来に迫る書き込みで、なぞは一気に解けたかに思えます。しかし。。。

#2 アラスカエンドウ>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2006J2-3rd per. | 2006J2-4th per. | 2005J2-1st per. | 2005J2-2nd per. | 2005J2-3rd per. | 2005J2-4th per. | 2006J2-1st per. | 2006J2-2nd per. | achordion | Aira Mitsuki | Ajax | akiko | Alva Noto | amazing goal | Ametsub | anonymass | Autechre | AYUSE KOZUE | Bajune Tobeta | Bird | BO GUMBOS | BONNIE PINK | Burial | C.T. Scan | Capsule | Carl Carig | Chara | Christian Prommer | CRO-MAGNON | DE DE MOUSE | Derrick May | DJ SPOOKY | DJ TASAKA | DJ WADA | Donna Regina | DS-10 | dubstep | E2 E4 | EP-4 | EX MACHINA | FIAT 500 | FIAT Panda | FIAT Punto | fishmans | Fukkk Offf | GAME | HAKASE-SUN | HAMMOND 44 | HASYMO | HMO | Holger Czukay | HOSOME | iPod shuffle | iPod touch | iTMS | JaccaPoP | Jeff Mills | KRAFTWERK | LOFT | London Elektricity | Martyn | naomi & goro | NORAD TRACKS SANTA | NRBQ | Oh!Penelope | ONRA | Orbital | pal@pop | PENGUIN CAFE ORCHESTRA | Perfume | POLYSICS | Prefab Sprout | pupa | RCサクセション | RICARDO VILLALOBOS | Robert Hood | ROCO | RSA Conference | ryoji ikeda | SAKEROCK | SBK | Sour | SQUAREPUSHER | STRINGRAPHY | Strings of life | Syrinx | System7 | TEI TOWA | TESTPATTERN | The Bird and the Bee | The Fuss | The Guitar Plus Me | Theo Parrish | TOKYO No.1 SOUL SET | TOKYO SONATA | UDON88 | UDON本 | VALETUDO | xmas songs 2005 | xmas songs 2007 | xmas songs 2008 | xmas songs 2009 | xmas songs 2010 | xmax songs 2006 | YMCK | YMO | YouTube | いちやす | うどん八十八カ所 | かないまる | くるり | さねよしいさ子 | しょこたん | ぞりん | つじあやの | つボイノリオ | どぶろっく | なだぎ武 | はっぴいえんど | ゆらゆら帝国 | アニメ | アラスカ | アンデス25F | ウルフルズ | カートヴォネガット | カーネーション | ガンダム | クリスマス | グルメ・クッキング | グレングールド | コーネリアス | サエキけんぞう | サカナクション | サワサキヨシヒロ | シネアルテ | シネマ | ジョンジョリーナ・アリー | スチャダラパー | スポーツ | ダイハツ エッセ | チップチューン | チャットモンチー | テルミン | ドラびでお | ドンコスカレリ | ニュース | ハルカリ | ハルメンズ | バニラビーンズ | パソコン・インターネット | パラダイスガラージ | パルス | パール兄弟 | ヒカリキュレーター | ヒートウェイヴ | ピチカートファイブ | フィッシュマンズ | フリッパーズギター | ブレードランナー | ホフディラン | ムーディ勝山 | ムーンライダーズ | ヤン富田 | リアルフィッシュ | リリース情報 | レイハラカミ | 一風堂 | 上妻宏光 | 中川翔子 | 丸池製麺所 | 佐野元春 | 初音ミク | 南波志帆 | 原マスミ | 原田芳宏 | 叫(さけび) | 四星球 | 土岐麻子 | 坂本龍一 | 夏のサマー | 大野松雄 | 宮崎駿 | 宮川弾 | 宮沢賢治 | 家電 | 小川未明 | 小沢健二 | 小西康陽 | 少年ホームランズ | 山下達郎 | 岡村靖幸 | 川本真琴 | 左とん平 | 徳島 | 徳島VORTIS | 徳島ヴォルティス | 心と体 | 忌野清志郎 | 惑星 | 戸川純 | 手塚治虫 | 数学 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 曽我部恵一 | 朝日美穂 | 板尾創路 | 栗コーダーカルテット | 桂よね吉 | 植木等 | 楽器 | 横尾忠則 | 橋本和昌 | 江草啓太 | 池上 | 清水崇 | 渡し船 | 田中フミヤ | 田中雄二 | 真心ブラザーズ | 砂原良徳 | 空気公団 | 立花ハジメ | 細野晴臣 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 舘野泉 | 茉奈佳奈 | 蓮実重臣 | 藤田恵美 | 蛇口連 | 観覧車 | 詩人の血 | 讃岐うどん | 豊田道倫 | 近田春夫 | 野宮真貴 | 金延幸子 | 鈴木さえ子 | 鈴木慶一 | 鍵盤ハーモニカ | 長見順 | 阿波踊り | 電気グルーヴ | 音楽 | 高橋アキ | 高橋幸宏 | 高橋悠治 | 鳴潮祭 | 鳴門うどん | 麗蘭 | 黒沢清 | 鼠先輩