2007.06.26

今日のiPod shuffle - Perfect Kiss/New Order

どうやら解散してしまったニューオーダー(NEW ORDER)。リアルタイムではあまり知らなかったのだけども、やっぱ最初に見た"The Perfect Kiss" の PV の印象がでかい。この曲に限り 12 inch も買ってしまった。

歌がへたいし、演奏も荒い。適当にカウベルなんか叩き始めるし。今なら「ニューオーダーだし」と許せるけど、当時はどきどきしながら見てたぞ。彼らのそのへたさと、そこにはらまれた緊張感に。でも、このPVには引き込まれて何度も通して見たものだ。

iPod shuffle から聞こえてきたのはアルバム"Low Life"収録の短いバージョンだけど、PVのほうはスタジオライブっぽく撮られた長いバージョン、監督は「羊たちの沈黙」を撮る前のジョナサン・デミ、緊張感あふれる仕上がり。

[ Perfect Kiss/New Order ]

=> New order - Perfect kiss (10 minutes version)[YouTube]

[ LOW LIFE/NEW ORDER ]

=> Low-Life [from US] [Import]/New Order[amazon.co.jp]

[ トピック ]

=> UKのヴェテラン・ロック・グループ、NEW ORDERが解散を発表 [bounce.com]
=> New Order(ニュー・オーダー)正式に解散[doops!]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.01

今日の iPod shuffle - Woofer Girl/フィッシュマンズ

フィッシュマンズ、MEDIA REMORAS時代の最後のアルバム「オレンジ」より。もごもごとした裏打ちのオルガンが心地よい、ライトなレゲエナンバー。

と、思って聴いてたら、「暮らしは爪を立てるけど」とか「空っぽだらけのぼくの心」なんて歌詞が引っかかりを残していきます。佐藤君の曲だと思って久々に歌詞カードを見直したらHAKASEの作詞作曲だったんですね。

=> ORANGE/フィッシュマンズ[amazon.co.jp]
ポニーキャニオンからの再発版(PCCAX-00010)です。「MELODY」「感謝(驚)」「夜の想い」など、ライブでもよく聴いた曲も収録されています。
=> Orange/Fishmans[HMV;試聴可]
=> ORANGE/フィッシュマンズ[@TOWER.JP:試聴可]
CD EXTRAとして「MY LIFE」のPV、フィッシュマンズのコメントなどを収録。

ウーファーガール、それは低音少女。歌詞を見ても、そんなフレーズもイメージもありません。「ウー!」「ハーッ!」というサンプリングヴォイスが曲中に使われてて、タイトルはそこから付けられたのかな?

[ Le Ciel Bleu/HAKASE-SUN ]

HAKASE-SUN、五枚目のソロアルバム"Le Ciel Bleu"(NOWGOMIX NGCA-1030)は 2007/05/30 発売。。

=> "Le Ciel Bleu" HAKASE-SUN[amazon.co.jp]
=> HAKASE-SUN 5th Album Le Ciel Bleu[nowgomix]
=> LE CIEL BLEU/HAKASE-SUN[@TOWER.JP]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.11

今日のiPod shuffle - スパイがいっぱい/Portable Rock

野宮真貴鈴木智文中原信雄の三人によるポップユニット、ポータブルロックの1stアルバム"QT+1"より。この「スパイがいっぱい-Everybody is a spy」(作詞:佐伯健三、作曲:鈴木智文、編曲:PORTABLE ROCK)という曲では、スクリッティポリッティのアルバム"Cupid & Psyche '85"でのアレンジスタイルが大胆に導入されております。様々なリフを小刻みに切り替え積み重ねて小節を埋めるようなバッキングパターンを作っていく、きらびやかで忙しい感じのスタイルですな。

この曲では特に"Small Talk""The Perfect Way"あたりのパターンを適用してありますな。Scritti Politti のきらびやかさはないのですが、ちょっとチープで宅録な感じがポータブルロックっぽくってよいな。

[ QT+1/Portable Rock ]

彼らの1stアルバム"QT"(LHAC-7001)と2nd"DANCE VOLUNTEER"(LHAC-7002)はLOST HOUSE ARCHIVE CLUBより昨年 2006 に再発されています。

=> Q.T/ポータブル・ロック [amazon.co.jp]
「スパイがいっぱい」収録。
=>Qt/ポータブルロック[HMV]
=>Q.T<紙ジャケット初回限定盤>[@TOWER.JP]

=>野宮真貴在籍のNWユニット、ポータブル・ロックのアルバムが紙ジャケ再発![CD Journal-2006/11/14]
=> ポータブルロック名盤が再発![HMV]

[ ベイビーポータブルロック/ピチカートファイブ ]

ポータブルロックのドラムレスなスタイルは、当時、後にピチカートファイブを結成することになる小西さんにも感銘を与えたらしい。ご存知のとおり、野宮真貴さんは後にミス・ピチカートファイブとなり、「ベイビーポータブルロック」というタイトルの曲まで歌うことになります。

小西さんも野宮さんも北海道出身なんですね。そんな共通点も。

=> ベイビィ・ポータブル・ロック [Single]/ピチカート・ファイヴ[amazon.co.jp]
日産ミストラルのCMソング。ジャケット写真にもミストラルが写ってました。
=> ベイビーポータブルロック baby portable rock[コロムビア]
CODA-909 1996.3.20
=> 総武線猿紀行第83回「追悼ピチカート・ファイヴ!の巻その3」[ 虚実1:99総武線猿紀行]
サエキけんぞうの語るポータブルロックの頃。

[ Small Talk/Scritti Politti ]

スクリッティ・ポリッティの2ndアルバム。おれは例によって坂本龍一のサウンドストリート経由で知ったのですが、かなり話題になったよな。

=>Scritti Politti - Cupid and Psyche '85 - Small TalkScritti Politti - Cupid and Psyche '85 - Small Talk
=> Cupid & Psyche 85 [from US] [Import]/Scritti Politti [amazon.co.jp]
"Smalltalk"収録のアルバムです。
=>Cupid & Psyche 85[HMV:試聴可]

[ Happy Birthday/サザンオールスターズ ]

同時期にはサザンも"Happy Birthday"という曲で同じような試みをしてました。すなわち、スクリッティっぽい。 「キューピッドアンドサイケ'95」の影響はかくも大きく、ミュージシャンがまねしたくなるような新鮮な音像であったのです。

KAMAKURA/サザンオールスターズ
=> KAMAKURA/サザンオールスターズ[amazon.co.jp]
”HAPPY BIRTHDAY”収録の二枚組アルバム。藤井丈司 、リアルフィッシュ等と作り上げたアルバム。彼らの影響もあるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.27

今日のiPod shuffle - The Prince of Shaba/大村憲司

ギタリストである故大村憲司氏のソロアルバム「春がいっぱい」(1981 ALFA)の最後に収録されているギターインストナンバー、"The Prince Of Shaba"です。「シャバの王子様」?

YMOの全盛期に彼らとYMO関係者の協力の下に作成されたポップなギターアルバム。プロデュースは大村憲司自身。高橋幸宏、坂本龍一も共同プロデュースで名を連ねています。おれはアナログで買って、アルファから出たCDでも買いなおしました。

この曲もユキヒロがドラム、細野さんがベース、坂本龍一、岡田徹もキーボードで参加。アコギとシンセコード弾きのバッキングがあったかい音の壁を作って、その上でナチュラルなギターがメロディを奏でる、春にふさわしい、ふんわりと幸せな曲です。

"Seiko is always on time"という奥さんに捧げられた曲もあり。ライナーノーツの末尾には手書きで"This album is dedicated to my wife,Seiko"と記されています。

[ 春がいっぱい ]

=> 春がいっぱい(紙) [Limited Edition]/大村憲司[amazon.co.jp]
残念ながら在庫切れ切れです。
=> 春がいっぱい (完全生産限定盤)/大村 憲司[SONY MUSIC]
MHCL-300/アルバム/2003.8.6
=> 春がいっぱい (紙ジャケ仕様) [HMV]
在庫切れ。試聴可能。

我が家でこの曲がプチブレイクしたきっかけは、当時、NHK FMのラジオドラマ番組「二人の部屋」で椎名誠の「さらば国分寺書店のオババ」が放送されたことでした。

番組のエンディングでかかっていたのがこの曲で、同じ放送を聞いていた兄がたいそう気に入ったらしく、朝起きたとき、学校に行く前、となりの部屋から毎日のようによく聞こえていた時期がありました。

番組放送時、すでにアルバムを買っていたと思うのですが、繰り返しこの"The Prince Of Shaba"を聞いているうちに、自分もこの曲にはまっていたようです。

=> [Music] 春がいっぱい[Be Good Boys (Reprise)]

=> 続・大村憲司を知ってるかい?[ほぼ日刊イトイ新聞]
大村真司が聞く、父親のすがた。
=> 続・大村憲司を知ってるかい?野口広之(ギター・マガジン編集長)[ほぼ日刊イトイ新聞]
大村憲司さんの遺した4枚のアルバムをすべて解説します。

[ さらば国分寺書店のオババ/椎名誠 ]

椎名誠のデビュー作。JICCからでてたはず。こんな表紙だった。これ以来、椎名誠は読んでいない。

=> 「さらば国分寺書店のオババ」椎名 誠 (著) [amazon.co.jp]
これは文庫版。
=> 書籍情報[新潮文庫]
ISBN:978-4-10-144817-6、発売日;1996/09/02
=> 椎名誠:「さらば国分寺書店のオババ」[りょーちの駄文と書評]


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.16

今日の iPod shuffle - 焼きソバ老人/ハルメンズ

以下は2006年の11月に書いて放っておいたのですが、サエキ氏の著作が発売になるということで公開します。なので、この曲がshuffleから聞こえてきたのは2006/11であったのです。

[ 焼きソバ老人 ]

ヴォーカルのサエキけんぞう、それから昨年は「たらこたらこたらこ」がヒットした上野耕路氏らがかつて所属した、ハルメンズの2nd アルバム「ハルメンズの20世紀」に収録されている曲。「焼きソバ老人」はハルメンズの前身バンドとなる少年ホームランズ時代からのレパートリーで、後継となるバンドであるパール兄弟時代のライブでも演奏されるという、3バンドにわたって歌い継がれている曲。

=>CITIZEN OF HALMENS
ハルメンズファンサイト。情報は集約されています。

「焼きそば喰う/老人、わし/尽きるとこ養老院/尽きるとこ小病院」と繰り返される、弾むベースラインがかっこいいファンクな曲。来るべき高齢化社会への警鐘を。。。鳴らしてないか。

インパクの強いタイトルはパール兄弟「色以下」のジャケットを手がけている漫画家、杉浦茂氏の「猿飛佐助」の登場人物から。「やきぶたにいちゃん」は覚えてるんだけどな。実家で確認しよう。

=>「海外で特別になった人について」 その6 ザ・プロレス特集[ほぼ日刊イトイ新聞]
サエキけんぞう氏が「焼きソバ老人」の由来を語っています。
=>杉浦茂『少年児雷也』全2巻[松岡正剛の千夜千冊]

[ ハルメンズの20世紀 ]

ハルメンズの20世紀
=> ハルメンズの20世紀/ハルメンズ[amazon.co.jp]
2005年再発の紙ジャケ仕様(SS-116)
=> ハルメンズの20世紀[SS RECORDINGS]
=> @TOWER.JP

=> ハルメンズの20世紀 紙ジャケ化されました[SAEKINGDOM]

「ハルメンズの20世紀」は自分にとって心のベストテンに入るアルバム。中学時代のおれには、閉塞的な未来を感じさせた不気味なジャケットのイラストがインパクト大で、雑誌の広告で見かけ、文字通りジャケ買い。内容もレトロフューチャーでサイバーな情景を描いた曲が多く(「シングルハンドボーイ」とかね)、この感覚が後のパール兄弟の「メカニック兄ちゃん」(アルバム「未来はパール」)や「トロン岬」(アルバム「パールトロン」)につながっていくのかと、振り返って感じるわけです。

プロデュースは鈴木慶一氏。1st 「近代体操」のビクターでのスタジオ録音作品から、パリ美容専門学校など、彼らが練習場としていた場所での 8ch レコーディング。機材、環境的にはスペックダウンなのだが、音の汚れ具合やくすみ加減などが「朽ち果てた未来からやってきた音」といった風情を帯びて響いていていい塩梅になっていると思う。

女性ヴォーカリストの参加も印象的なアルバム。佐藤奈々子(「QPダンス」)、戸川純(「マスタード」等)や野宮真貴(「お散歩」)がヴォーカルを務める曲も収められており、出会いも多いアルバム。後に戸川純がカバーする名曲「母子受精」(アルバム「東京の野蛮」収録、=>ダウンロード)もオリジナルはこのアルバムから、ヤプーズには比賀江や泉水が参加、野宮真貴のソロアルバム「ピンクの心」にもハルメンズのメンバーが参加など、この後の活動へとつながっている。

でも、シンプルなギターロックで、エンディングで遠くに霞みながら消えていくギターが耳に残る「ゴールデンエイジ」が一番好きだったりして。

=>パリ美容専門学校

※アルバムのレコーディングレポートが当時のオーディオ雑誌「SOUND BOY」に掲載されていたのだが、それは後日。

[ 少年ホームランズ ]

=> 少年ホームランズ12/少年ホームランズ[amazon.co.jp]
=>少年ホームランズ "S/T" [LP/Used][NGOO]
>「少年ホームランズ12」[CITIZENS OF HALMENS]

[ ブートレグだよ/パール兄弟 ]

=>ブートレグだよ/パール兄弟[CITIZENS OF HALMENS]
1991/06/25(CD,POLYDOR/POCH-1088)
=>Yahoo!ミュージック
作品詳細

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

今日のiPod shuffle - 多摩蘭坂/RCサクセション

深夜、ヒーターの効かないパンダに乗り込んで、iPod shuffle をポータブルスピーカーに差し込んで、静かに聞こえてきたのはRC サクセション(RC Succession)の「多摩蘭坂」。ああ、こんな日には、よい選曲だな。

個人的に一番好きなアルバム"BLUE"収録のバラードだけど、初めて耳にしたのは中学の時に見た1981/12/24のクリスマス武道館ライブのテレビ中継。これが初めてのRC体験であり決定的だった。

RCサクセション - Blue - 多摩蘭坂
=>RCサクセション - Blue - 多摩蘭坂 RCサクセション - Blue - 多摩蘭坂
=> BLUE/RCサクセション[amazon.co.jp]
ライブ感溢れる録音がすばらしい味わい。RCサクセション - Blue - あの娘のレター 「あの娘のレター」にはまった中学生のおれだった。。

イントロ無し、チャボのギターと共に、テレビで見たライブでは汗まみれの清志郎が「夜に腰掛けてた」と歌い始めるのだった。キーボードロボットのG2のアルペジオもこの曲のたたずまいに似合っている。

「無口になった僕は/ふさわしく暮らしてる」という言い回しが引っかかりを作る。こんな風な「ふさわしく」の用法は、たぶんこの歌だけなんじゃないかなと思う。

歌の世界は作り事。とはいえども、「多摩蘭坂を登り切る手前の坂の途中の家を借りて住んでる」とゆっくりと歌い進むパートで、歌い手自身の「ふさわしい暮らし」を思い描いてしまうのは仕方がないこと。このフレーズにさしかかると、いつもそう思ってしまうんだな。

[ AT BUDOHKAN ]

=> RC SUCCESSION AT BUDOHKAN WITH BLUE DAY HORNS/RCサクセション [amazon.co.jp]
東芝EMI  TOBF-5156 2002年7月17日発売。1981年12月24日の武道館ライブを収録。去年のクリスマスアルバムに選曲した「ダーリンミシン」もやってます。2007/02/08現在、在庫切れ。
=> RC SUCCESSION AT BUDOHKAN[DDVD生活]
作品情報詳細

「たまらんざか」と入力してもATOKは漢字には変換してくれない。ホントの地名は「たまらん坂」なんですね。

[ たまらん坂 ]

=> たまらん坂―武蔵野短篇集/黒井 千次[amazon.co.jp]
=> たまらん坂 武蔵野短篇集[JBOOK]
行年月:1988年07月 発売元:ベネッセコーポレーション ISBN:4828822720
=> たまらん坂1[]
=>たまらん坂2 =>たまらん坂3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.07

音楽について-スティーブ・ジョブズ

=> Thoughts on Music / Steve Jobs[Apple]
=> Steve Jobs - DRMのない音楽(抄訳)[tao&zen]

=> 「レコード会社はDRMの放棄を」--アップルのジョブズCEOが公開書簡[CNet]
=> 「4大レーベルはDRMを捨てよ」、Appleのジョブズ氏が提言[ITMedia]
=> ハッカー「DVDヨン」、スティーブ・ジョブズ氏に反論[ITMedia]
=> 理想はDRMフリー、スティーブ・ジョブズ氏がDRM問題にコメント[MYCOMジャーナル]
=> 米AppleのジョブズCEO、4大レーベルに「DRM完全撤廃」を提案[AV Watch]
-「許可されればiTunes StoreはDRMフリーになる」
=> 米Appleのスティーブ・ジョブズCEO、4大レコード会社にDRM廃止を提言 [INTERNET Watch]
=> 「想像してごらん、著作権保護のない世界を」〈ことば〉[ASCII]
=> DRMはいらない…米アップルのサイトにジョブズ氏の衝撃メッセージが![iPod情報局]

「アップルは音楽にDRMかけてiTMSとiPodで囲い込みしてるとかいうけど、iTunes もiPod だってDRM無しの音楽も扱えてるじゃん。iTMS商品にDRM付けてるのはレコード会社の都合で、おれとしては別にDRMなんかなくたっていいんだよ。ばーか。」といっている。「ばーか」とは言っていないが。スティーブさん、BIG FOUR におこられるぞ。

すでにBLEEPみたく高音質DRM無しを売りにしているとこもあるしな。そうなったらいいのにな。

=> BLEEP

[amazon iPod ショップ]

amazon iPod ショップ
=> amazon iPod ショップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.06

今日のiPod shuffle - 2nd Generation 五色

今は iPod shuffle第一世代1Gの二本目を使っております。第二世代は同期がドック経由で、USB直刺しができんのが使いにくいよなーと思ってたんだけど、充電も同期もできる直刺しUSBコネクタみたいな周辺器機も発売され、先日、カラーバリエーションも発表されたんで、第二世代もちょっと魅力的になってまいりました。いまのやつは接触不良なんでね、買い換え願望が湧いてきた。

[ iPod shuffle 2nd gen]

=> iPod shuffle[Apple]
=>Gallery[Apple]
=>iPod shuffle、5つの鮮やかな色で登場[Apple]

Apple iPod shuffle 1GB ブルー =>Apple iPod shuffle 1GB ブルー

Apple iPod shuffle 1GB ピンク =>Apple iPod shuffle 1GB ピンク

Apple iPod shuffle 1GB オレンジ =>Apple iPod shuffle 1GB オレンジ

Apple iPod shuffle 1GB グリーン =>Apple iPod shuffle 1GB グリーン

Apple iPod shuffle 1GB シルバー =>Apple iPod shuffle 1GB シルバー

=> バレンタイン、チョコのお礼は、シャッフルで[ITMedia]
=> インタビュー:iPod shuffleが5色展開になったワケ[ITMedia]
=> 新iPod shuffle、オレンジの理由は「今年ホットな色だから」[iPod情報局]
=> iPod shuffleに4色のカラバリ登場!新色オレンジも![iPod情報局]
=> アップルストア銀座、iPod shuffleのカラバリを発売開始[AV Watch]
-入荷は潤沢、進入学需要などでの販売増見込む

[ コネクタ for iPod shuffle 2nd gen ]

あとは、USB接続できるアダプタを買えば満足できるかな。 Pod・On!ダイレクト for iPod shuffle(2nd Gen)
=> Pod・On!ダイレクト for iPod shuffle(2nd Gen)/ミヤビックス [amazn.co.jp]
=>製品情報[ ミヤビックス]

=> ミヤビックス、第2世代iPod shuffle用直刺しUSBコネクタ[impress]
-980円。巻き取りケーブルも1,260円で発売

[ iTunes と Vista ]

=> iTunes Repair Tool for Vista 1.0[Apple]
=> iTunes and Windows Vista[Apple]

=> アップル、iTunesにVista互換性問題--次期アップグレードまで要注意[CNet]
今後数週間以内にリリースする計画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.21

今日の iPod shuffle - MASS/YMO

YMO(Yellow Magic Orchestra)の"BGM"というアルバムに収められている"MASS"という葬送行進曲を思わせるたいへんたいへん暗い曲がある。重いテンポのドラムに重い足取りを思わせるせるメロディ。ピーターバラカンによるロシア語の語りも沈鬱に曇った空から聞こえてくる声のよう。後半には主旋律にドラマチックなストリングスのフレーズが被せられ、曲に高揚感を積み足してくれる。

細野さん曰く「小学生に人気があった」という曲だが、この暗い曲に惹かれる人も多いらしく、かくいうおれもその一人。中学生の頃、父の部屋にあったステレオの前で没頭して聞いていた。その後も寝る時の音楽にしたり、心を静める(沈める)曲として、心のベストテンに連続チャートイン中。

=> BGM/YMO [amazon.co.jp]
=>HMV:試聴可
=>SONY MUSIC

この曲のライブバージョンが、再生YMO後に発売された"One More YMO"というライブベストアルバムに収録されたことはうれしい驚きだった。収められたのは1981年冬の「テクノデリック」というアルバム発売後のツアーで演奏されたバージョン。

前半は坂本龍一によりEMulator I (サンプリングキーボード)によるピアノ音色でゴージャスにメロディが弾かれ、後半は細野さんがシンセ単音でメロディを手弾き、そこにピアノで坂本龍一が絡んでくるという構成。ユキヒロはひたすら生ドラム。

この時のツアーメンバーはYMOの三人+マニピュレーターの松武秀樹氏というシンプルな構成で、"MASS"のバッキングには打ち込みのシーケンスも流れているんだけども、あとは三人の演奏の比重が高く、ちょっとかっこよくスリリングなのです。

"テクノドン"発表時の再生YMOを振り返るインタビューで「三人集まれば全員生楽器でも良かった」というようなことを細野さんが語っていたと思うのだけども、このライブ版の"MASS"には三人が淡々と演奏を重ねていくという生々しさが感じられ、再生YMOもこのくらいシンプルだったならなどという妄想してしまうわけです。

=> ONE MORE YMO [amazon.co.jp]
すでに廃盤、中古でどうぞ。ボックスセットの"L-R TRAX Live&Rare Tracks"の一枚としても入手可能です。

あー、でも三人で生演奏といえば、ほんとうの再生YMOはこれだったのかもな(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

今日のiPod/iTMS - Updated!

2006/09/13、第五世代の iPod を発表、同時に iTunes Music Store をリニューアル、映画配信、iPod 向けのゲーム配信を開始しました。

iPod、iPod nano、iPod shuffle を置き換えてこんな感じに

でも、まだ日本じゃ映画は買えないんだけど、iPod ゲームならもう買えるよ。

=> iPod[apple]
第五世代iPod、30Gと80Gで映画配信とiPodゲームに対応。音楽だけなら20時間、映画だけなら6.5時間のバッテリー持続時間。サイズもコンパクトに、30Gは前世代より30%薄く、80G も前世代の60Gモデルと同等。
=> iPod nano[apple]
Completely remastered. ということでカラーは五色に、miniを置き換えたな。バッテリーは24時間持続、容量は 2GB,4GB,8GB。
=> iPod shuffle[apple]
iPod shuffleはマッチ箱サイズに。

Itms_showtime_060913 Itms_us_movie_060913

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2006J2-3rd per. | 2006J2-4th per. | 2005J2-1st per. | 2005J2-2nd per. | 2005J2-3rd per. | 2005J2-4th per. | 2006J2-1st per. | 2006J2-2nd per. | achordion | Aira Mitsuki | Ajax | akiko | Alva Noto | amazing goal | Ametsub | anonymass | Autechre | AYUSE KOZUE | Bajune Tobeta | Bird | BO GUMBOS | BONNIE PINK | Burial | C.T. Scan | Capsule | Carl Carig | Chara | Christian Prommer | CRO-MAGNON | DE DE MOUSE | Derrick May | DJ SPOOKY | DJ TASAKA | DJ WADA | Donna Regina | DS-10 | dubstep | E2 E4 | EP-4 | EX MACHINA | FIAT 500 | FIAT Panda | FIAT Punto | fishmans | Fukkk Offf | GAME | HAKASE-SUN | HAMMOND 44 | HASYMO | HMO | Holger Czukay | HOSOME | iPod shuffle | iPod touch | iTMS | JaccaPoP | Jeff Mills | KRAFTWERK | LOFT | London Elektricity | Martyn | naomi & goro | NORAD TRACKS SANTA | NRBQ | Oh!Penelope | ONRA | Orbital | pal@pop | PENGUIN CAFE ORCHESTRA | Perfume | POLYSICS | Prefab Sprout | pupa | RCサクセション | RICARDO VILLALOBOS | Robert Hood | ROCO | RSA Conference | ryoji ikeda | SAKEROCK | SBK | Sour | SQUAREPUSHER | STRINGRAPHY | Strings of life | Syrinx | System7 | TEI TOWA | TESTPATTERN | The Bird and the Bee | The Fuss | The Guitar Plus Me | Theo Parrish | TOKYO No.1 SOUL SET | TOKYO SONATA | UDON88 | UDON本 | VALETUDO | xmas songs 2005 | xmas songs 2007 | xmas songs 2008 | xmas songs 2009 | xmas songs 2010 | xmax songs 2006 | YMCK | YMO | YouTube | いちやす | うどん八十八カ所 | かないまる | くるり | さねよしいさ子 | しょこたん | ぞりん | つじあやの | つボイノリオ | どぶろっく | なだぎ武 | はっぴいえんど | ゆらゆら帝国 | アニメ | アラスカ | アンデス25F | ウルフルズ | カートヴォネガット | カーネーション | ガンダム | クリスマス | グルメ・クッキング | グレングールド | コーネリアス | サエキけんぞう | サカナクション | サワサキヨシヒロ | シネアルテ | シネマ | ジョンジョリーナ・アリー | スチャダラパー | スポーツ | ダイハツ エッセ | チップチューン | チャットモンチー | テルミン | ドラびでお | ドンコスカレリ | ニュース | ハルカリ | ハルメンズ | バニラビーンズ | パソコン・インターネット | パラダイスガラージ | パルス | パール兄弟 | ヒカリキュレーター | ヒートウェイヴ | ピチカートファイブ | フィッシュマンズ | フリッパーズギター | ブレードランナー | ホフディラン | ムーディ勝山 | ムーンライダーズ | ヤン富田 | リアルフィッシュ | リリース情報 | レイハラカミ | 一風堂 | 上妻宏光 | 中川翔子 | 丸池製麺所 | 佐野元春 | 初音ミク | 南波志帆 | 原マスミ | 原田芳宏 | 叫(さけび) | 四星球 | 土岐麻子 | 坂本龍一 | 夏のサマー | 大野松雄 | 宮崎駿 | 宮川弾 | 宮沢賢治 | 家電 | 小川未明 | 小沢健二 | 小西康陽 | 少年ホームランズ | 山下達郎 | 岡村靖幸 | 川本真琴 | 左とん平 | 徳島 | 徳島VORTIS | 徳島ヴォルティス | 心と体 | 忌野清志郎 | 惑星 | 戸川純 | 手塚治虫 | 数学 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 曽我部恵一 | 朝日美穂 | 板尾創路 | 栗コーダーカルテット | 桂よね吉 | 植木等 | 楽器 | 横尾忠則 | 橋本和昌 | 江草啓太 | 池上 | 清水崇 | 渡し船 | 田中フミヤ | 田中雄二 | 真心ブラザーズ | 砂原良徳 | 空気公団 | 立花ハジメ | 細野晴臣 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 舘野泉 | 茉奈佳奈 | 蓮実重臣 | 藤田恵美 | 蛇口連 | 観覧車 | 詩人の血 | 讃岐うどん | 豊田道倫 | 近田春夫 | 野宮真貴 | 金延幸子 | 鈴木さえ子 | 鈴木慶一 | 鍵盤ハーモニカ | 長見順 | 阿波踊り | 電気グルーヴ | 音楽 | 高橋アキ | 高橋幸宏 | 高橋悠治 | 鳴潮祭 | 鳴門うどん | 麗蘭 | 黒沢清 | 鼠先輩